森監督勇退決断の浦和学院が3年ぶり甲子園へ

 まずはこのことに触れておこう。とにかく衝撃であった。勝敗以上にインパクトがあった。それは決勝戦後の県営大宮球場での監督インタビューでのことだ。
「まだ選手にも言っていないんですが、この夏の大会をもって監督を退任しようと思っています。野本氏から野球の魂の炎を点火していただいて、(中略)30年間見守っていただいて応援していただいた埼玉県の高校野球のファンに深く御礼を申し上げます。選手達も、うすうすは気付いていたと思うが、彼らのたくましさに敬意を表します」(森監督)
 会場にどよめきが起こった。

 この夏で監督を退任することを試合後観客の前で電撃表明した浦和学院・森監督。森監督は試合後改めて取材に応じ
「(きっかけ)一昨年の秋、準決勝の花咲徳栄戦での敗戦後上層部と話し合って決めた。(いつ話すかについて)選手達には急で申し訳ないがタイミングを考えるとここしかなかったと思って」
と、赤裸々に答えた。これまで、埼玉県の高校野球を引っ張る存在として浦和学院に君臨した名将の突然の表明にプレスルームでも緊張が走った。

 マッチレポートに戻ろう。

 県内の新規の新型コロナ感染者593人が発表された翌日に行われた決勝戦は、Aシード・浦和学院対Bシード・昌平の対戦だった。

 まずはスタメンだが、昌平は不動のスタメン、一方の浦和学院はスタメンに三奈木亜星(3年)が復帰し試合が始まる。

 先発は浦和学院が左腕・宮城 誇南(2年)、一方の昌平
「準決勝で良いピッチングができたので。彼は人一倍練習してきたので、願いも込めて、最後自分の力それ以上の力を発揮してくれたらと思って」(黒坂監督)
という3年生田村 廉と両エースが登板し試合が始まる。

 先制したのは浦和学院であった。

 初回、浦和学院昌平・田村の立ち上がりを攻め、一死から金田 優太(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く松嶋 晃希(3年)の所で浦和学院ベンチはエンドランを仕掛けると、これが見事に決まり一死一、三塁とする。ここで4番・吉田 瑞樹(3年)が犠飛を放ち幸先良く1点を先制する。

 浦和学院は2回表にも一死から三奈木がセカンドゴロエラー、続く宮城もライト前ヒットを放ち、一死一、三塁とチャンスを広げる。9番・八谷 晟歩(2年)のセーフティースクイズは失敗に終わり二死となるが、続く吉田 匠吾(3年)がライトスタンドへ3ランを放ち4点差をつける。