課題の残った埼玉栄・米倉の初戦

   

 南埼玉大会優勝候補の一角と考えられていた好投手・米倉 貫太(3年)擁するCシード・埼玉栄だが、初戦は投打に課題の残る一戦となった。

 

 埼玉栄が前述米倉、細田学園が2年生の杉内太一と両エースが先発し試合が始まる、試合は意外な展開となった。

 

 先制したのは埼玉栄であった。2回表、この回先頭の和田 康平(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く池ノ上 和貴(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、渡部 壮大(3年)がレフト前タイムリーを放ち幸先良く埼玉栄が1点を先制する。

 

 だが、細田学園もその裏すぐに反撃を開始する。この回先頭の松村泰志(3年)がセンター越えの二塁打を放ち出塁すると、続く髙橋央歩(3年)がきっちりと送り一死三塁とする。7番・金野雄宰(3年)の所で埼玉栄バッテリーがパスボールをし、難なく細田学園が1対1の同点とし場内がざわつき始める。