2015年07月26日 埼玉県営大宮公園野球場

花咲徳栄vs松山

2015年夏の大会 第97回選手権埼玉大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

番狂わせモードの嫌な空気一掃、花咲徳栄が先制攻撃で一気に決める

  前の試合で、ノーシードの公立校で昨秋も今春も一次予選で敗退して、県大会進出も果たしていなかった白岡が、センバツベスト4で関東大会も制した浦和学院を下すという番狂わせがあって、球場全体が不思議な空気で包まれていた。その余韻を残しながらのプレーボールとなった試合、甲子園常連校に成長してきた花咲徳栄にとっては、いささか嫌な空気が流れていたのではないだろうか。

 対する松山は、公立の雄といってもいい存在で、旧制中学時代からの歴史を背負う名門校である。ことに、その応援団の盛り上がりぶりは、県内はもちろんのこと、全国の高校野球ファンの中でも話題になるくらいの存在なのだ。

 全国的に見ても、公立校で男子校と女子校とが存在しているのは数が少なくなってきている。いわゆる、旧制中学の流れを汲みながら、男子校として残っているのは、埼玉県と群馬県、栃木県の一部だけである。松山は、そんな中の一つで、県内でも人気校である。ことに、その応援団のバンカラスタイルは、「松山の応援を見るのを楽しみにしている」という人もいるくらいである。

 そんな松山の応援席は、準決勝進出でさらに盛り上がっていた。それを、前の試合での番狂わせモードが後押しするのか…、とも思われた。ところが、花咲徳栄はそんな空気を一掃する序盤の猛攻で、一気に試合を決めていった。

 初回、花咲徳栄は1番久々宇君が四球で出ると、バントは失敗するが岡崎君が死球で一、二塁。4番大瀧君が期待に応えて右前打してあっさりと1点を先取。なおも、里見君も三遊間を破るタイムリー安打。楠本君も一、二塁間を破り、松山に送球ミスもあってこの回4点が入った。

 花咲徳栄の勢いは、これで止まらなかった。2回にも、一死二、三塁から岡崎君が右越三塁打して2者を帰す。これで、松山ベンチの瀧島 達也監督は、この大会ここまでほとんど一人で踏ん張ってきた北島君を諦めて、2年生の金子君を送り出さざるを得なくなった。北島君は、調子が云々というよりも、ここまで投げてきて力尽きたという感じだったのではないだろうか。その代わり端に、暴投でさらに1点が入り、花咲徳栄は大量7点をリードした。3回にも、9番上村君や岡崎君のタイムリー打で、さらに3点を追加して、花咲徳栄は球場内に漂っていた番狂わせモードの空気を一掃したばかりではなく、「さすが花咲徳栄」と思わせる空気を作っていった。

 それでも、松山も反撃して、3回には一死から4番西山君が四球で出ると、川崎君以下、鈴木 武虎君、主将の和木君と3連打するなどで2点を返した。しかし、花咲徳栄は4回には7番笹谷君のタイムリー、6回にも二死一三塁から、代打青木君がタイムリー安打を放って10点差として、その裏には二番手としてマウンドに立った高橋昂君が無死満塁とピンチを作りながらも0に抑えて切り抜けた。

 結果として、6回コールドゲームだったが、内容はそれなりにある試合だった。また、どれだけリードされても、ひたすら応援し続ける松山の応援スタンドも見事だった。まさに、立錐の余地もないくらいに一塁側スタンドは埋め尽くされていたのだが、そこから声援が途切れることがなかった。また、3回に2点を返した時には、まさにスタンドを揺るがす大応援で、応援歌「空は晴れたり」を歌いつくされた。こういうシーンもまた、高校野球文化であると改めて思わせるものでもあった。そして、こうした支えがあったことが、今年高校野球100年を迎えたということの背景にあるのだということもまた、再認識してほしいという思いでもある。また、余談ではあるが花咲徳栄のグラウンドは、今年早々に公開された高校野球をテーマとした映画『アゲイン~28年目の甲子園』(原作・重松清/監督・大森寿美男)のロケ地として使用されていた。花咲徳栄も、甲子園AGEINへあと一つとなった。

(文=手束仁)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!埼玉県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松山聖陵vs尽誠学園・伊東商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
過去の選抜大会初戦の好カードをプレーバック!ドラフト候補対決編! 【ニュース - 高校野球関連】
松山聖陵vs沖縄水産【2019年 練習試合(交流試合)・春】
先輩だけじゃないぞ!見逃し禁止の注目2年生をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第14回 東京城南ボーイズ(東京)選手の伸びしろを考え高校での活躍を優先する【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第837回 野村佑希も認めるクラッチヒッター・井上朋也(花咲徳栄)3年間で師匠を超える! 【2018年インタビュー】
高松商vs松山聖陵【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第817回 3年連続の聖地へ!目指すは全国区のショートストップ!韮澤雄也(花咲徳栄)の決意 【2018年インタビュー】
松山聖陵vs富岡西【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
松山聖陵vs川島【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集コラム】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
花咲徳栄 【高校別データ】
松山 【高校別データ】
第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (5)

松山いよいよ準決勝花は桜木男は松山 2015.07.26
ここまで来たらあと2つ!頑張ってください!!!
松山松高ファイト2James 2015.07.26
準決勝出場おめでとうございます。比企郡のヒーローから埼玉のヒーローになって下さい‼︎
松山松高がんばれ!古いOB 2015.07.26
みんなが頑張った成果だね
精一杯楽しんで下さい
ファイト
松高ファイト!!のみのみ 2015.07.26
準決勝進出おめでとうございます!今日も前だけ見て突き進め!
北島とも 2015.07.25
外野を信じてマイペース

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る