2010年05月15日 坊ちゃんスタジアム

今治西vs小禄

2010年春の大会 第24回愛媛・沖縄親善交流高校野球試合 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

佐々木裕弥(今治西)

今治西、「自信回復」への第一歩踏み出す!

昨秋は四国大会を制し明治神宮大会もベスト4へ進出。しかし先のセンバツでは 三重 の前に初戦サヨナラ負けで散った 今治西 。誰もが沈痛な表情を浮べた試合後のインタビュールームは、自信を胸に大舞台へ乗り込んだ彼らが受けた衝撃の大きさを端的に物語っていた。

その後も 今治西野村 とのチャレンジマッチでは4対3と辛勝したものの、 春季四国大会 では 岡豊 に2安打で2点を失い初戦敗退となかなか昨秋のイメージを取り戻せていないのが現状。よって名前に「親善交流」が付く 小禄 戦といえども、「自分たちとしては夏に向けて勝つまで戦う中での通過点」(大野康哉監督)と位置づけているチームにとっては自分たちの持ち味を発揮し全力で勝ちに行くべき戦いである。

その意気込みは1回裏から結果となって現れた。センバツではエースナンバーを背負うも、この試合では1番・レフトに入った日野玲央奈(3年)がいきなり3塁打で出塁すれば、3番・合田亮弥(2年)の3塁打と5番・倉渕俊の内野安打で2点を先制。その後も8安打全てを得点に活かした効率的な攻めは、好機を逃さず得点を重ねた昨秋の片鱗をうかがわせた。

一方、これまでは3番手的存在、センバツではワンポイントリリーフで退いた佐々木裕弥(3年)も8回3分の2を1失点、自責0の好投。「崩れなかったことが不思議、スキだらけ」と指揮官の採点は極めて辛口であったが、137球のうち7割程度をストレートで押す強気一徹の投球スタイルは、チーム内に今後大きな刺激を与えることは間違いないだろう。

試合後には「足りない部分が多いと言わざるを得ない」とさらなる高みへの課題を口にした大野監督。それでもチャレンジマッチ後に「今日は選手たちに励まされた」としみじみ話した時とは対照的な鋭い眼光は、この試合が昨秋手にした自信回復への第一歩となったことを如実に表すものであった。

(文=寺下 友徳




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
今治西前監督の大野康哉監督の就任で話題を集める松山商の直近3年の戦績は? 【ニュース - 高校野球関連】
ベスト8最後の1枠は沖縄工!春季沖縄県大会はベスト8すべて出揃う【1日の結果・沖縄県】 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
富岡西vs今治西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
今治西vs八幡浜【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
今治西vs松山東【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会】
未来沖縄vs小禄【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
今治西 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る