2010年03月21日 阪神甲子園球場 

敦賀気比(北信越)vs天理(近畿)

2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


試合中の一つのプレー・瞬間のジャッジで大きく結果が変わってくるのが野球である。
今大会、松倉雄太が試合を決定づける「勝負の瞬間」を検証する。


エースを下げてはいけない

5回裏、先に動いたのはリードしている天理の方だった。田中教生監督はエース・沼田優雅(3年)に代え、2年生右腕の西口輔を投入。田中監督からしてみれば、3投手の継投は当初の構想通り。しかしポイントは2点をリードした5回という点。

これに違和感を覚えたのは、マスクを被る亀澤英晃(3年)だった。「あれっ、何でここで?」。
4回まで味方は3失策。開幕戦独特の雰囲気もあり、確かにリズムは悪かった。しかし、沼田が打たれた安打はまだ3本。完全に捕えられた印象はなかった。その沼田の交代、しかも試合から下がってしまった。
沼田には昨秋痛めた左肘の不安がある。しかし今年の天理の投手陣では大黒柱だ。経験も豊富である。他に実力が双璧の投手がいるとはいえ、先発した以上はある程度のイニングを求められる立場だ。この場面で指揮官と女房役の意思の疎通が若干乱れたのは否めない。

 結果論かも知れないが、この状況で2年生投手が流れを変えるのは困難だった。狂った歯車は6回にビッグイニングとなって跳ね返ってきた。
 7回途中から3番手でマウンドに上がった西浦健太(3年)が152キロの速球を記録するも、8回にダメ押しともいえる失点をしてしまっては、流れを取り戻せるはずがない。
 これがもし、沼田を別のポジションに残していたならば、ここまでの展開になっただろうか。それまで流れをつかみきれていなかった敦賀気比も、沼田がもう一度上がるかもしれないと思うと、ここまで割り切れた攻撃はできていなかっただろう。

 エースが試合から下がる、それだけて相手に心のスキを与えてしまう。チームの構成にもよるが、高校野球において、エースは極力試合に残しておくべきである。

(文=松倉雄太

【関連ニュース】
■ 1回戦 花咲徳栄(関東)vs嘉手納(九州)

【選抜大会特集】
■ 敦賀気比(データ)
■ 天理(データ)




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
森下暢仁がプロ初勝利! U-18日本代表時のメンバーは誰がいた? 【ニュース - 高校野球関連】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
敦賀気比 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
第82回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る