2010年03月21日 阪神甲子園球場 

敦賀気比(北信越)vs天理(近畿)

2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


試合中の一つのプレー・瞬間のジャッジで大きく結果が変わってくるのが野球である。
今大会、松倉雄太が試合を決定づける「勝負の瞬間」を検証する。


エースを下げてはいけない

5回裏、先に動いたのはリードしている天理の方だった。田中教生監督はエース・沼田優雅(3年)に代え、2年生右腕の西口輔を投入。田中監督からしてみれば、3投手の継投は当初の構想通り。しかしポイントは2点をリードした5回という点。

これに違和感を覚えたのは、マスクを被る亀澤英晃(3年)だった。「あれっ、何でここで?」。
4回まで味方は3失策。開幕戦独特の雰囲気もあり、確かにリズムは悪かった。しかし、沼田が打たれた安打はまだ3本。完全に捕えられた印象はなかった。その沼田の交代、しかも試合から下がってしまった。
沼田には昨秋痛めた左肘の不安がある。しかし今年の天理の投手陣では大黒柱だ。経験も豊富である。他に実力が双璧の投手がいるとはいえ、先発した以上はある程度のイニングを求められる立場だ。この場面で指揮官と女房役の意思の疎通が若干乱れたのは否めない。

 結果論かも知れないが、この状況で2年生投手が流れを変えるのは困難だった。狂った歯車は6回にビッグイニングとなって跳ね返ってきた。
 7回途中から3番手でマウンドに上がった西浦健太(3年)が152キロの速球を記録するも、8回にダメ押しともいえる失点をしてしまっては、流れを取り戻せるはずがない。
 これがもし、沼田を別のポジションに残していたならば、ここまでの展開になっただろうか。それまで流れをつかみきれていなかった敦賀気比も、沼田がもう一度上がるかもしれないと思うと、ここまで割り切れた攻撃はできていなかっただろう。

 エースが試合から下がる、それだけて相手に心のスキを与えてしまう。チームの構成にもよるが、高校野球において、エースは極力試合に残しておくべきである。

(文=松倉雄太

【関連ニュース】
■ 1回戦 花咲徳栄(関東)vs嘉手納(九州)

【選抜大会特集】
■ 敦賀気比(データ)
■ 天理(データ)




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年は豊作!?今年注目の高校生野手を一挙に紹介!! 【ニュース - コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
強打の天理が奈良大会を制す!決勝戦を徹底レポート【秋季奈良大会】 【ニュース - 高校野球関連】
天理vs橿原【奈良県 2018年秋の大会 平成30年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第763回 平成最後の夏の甲子園 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs敦賀気比【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第751回 【6日目見所】木更津総合、日大三、敦賀気比の名門校が続々登場!【大会展望・総括コラム】
第9回 敦賀気比高等学校(福井)【3年ぶり8回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
奈良大附vs天理【奈良県 2018年夏の大会 第100回選手権奈良大会】
第625回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)後編「身体が小さくてもホームランは追求できる」 【2017年インタビュー】
第624回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」 【2017年インタビュー】
広陵vs天理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】 【2016年インタビュー】
第447回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「自分が持っているパワーを最大限伝えることができるか?」【前編】 【2016年インタビュー】
第434回 敦賀気比高等学校 林中勇輝選手 「大舞台ほど強くなる理由」  【2016年インタビュー】
敦賀気比 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
第82回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る