2009年10月25日 皇子山球場

立命館宇治(京都1位)vs智弁和歌山(和歌山1位)

2009年秋の大会 近畿地区高校野球大会 準々決勝

一覧へ戻る

田口のタイムリーで古川が生還(立命館宇治)


立命館宇治、7回に一挙5点をあげ勝利を掴む!

 立命館宇治 は1点を追う7回、2死満塁とチャンスを作ると、5番小嵜裕之(2年)がセンター前へは運ぶタイムリーを放ち2者が生還し逆転に成功。さらに6番田口真基(2年)、7番清水祐太(2年)とタイムリーが続いてこの回一挙に5点。

 1年生エースの川部開太は終盤に智辯和歌山の反撃にあい1点差まで迫られるものの、何とか粘りきりベスト4に一番乗りを決めた。

【 智辯和歌山 】

 終盤の反撃があと一歩及ばなかった智辯和歌山 。高嶋仁監督は「(相手の川部投手を)捕らえられそうで、捕えきれなかった」と試合を振り返った。

 5回に1点を勝ち越し、リリーフのマウンドに立ったエースの吉元裕(2年)は快調。智辯和歌山 のペースに一度はなったかに思われた。しかし当の吉元は「ボールが指にかかりすぎていた」と不安を感じていた。

 この不安が7回、悪夢に変わる。2死をとりながらも3番4番に対して連続で四死球を与えてしまう。そして最も警戒していた5番小嵜に逆転打を浴びた。「変化球に頼りすぎた」と吉元は俯いた。

 和歌山大会から相手を圧倒して勝ってきたチームが始めて味わう終盤での劣勢。新エースと1年生捕手の道端俊輔のバッテリーは完全に動揺した。高嶋監督が「あれが痛かった」と話した大量失点に繋がる。

 動揺はチームにも伝染。劣勢を跳ね返す力はまだついていなかった。
 「自分の弱さ。もっと真っ直ぐで勝負できる投手にならないと」とインタビューに答えた吉元をはじめ、ナインのほとんどが目を真っ赤にしていた。

 目標だった近畿ベスト4を逃した智辯和歌山 。選抜出場の可能性は残るが、高嶋監督は「多分ダメでしょう」と肩を落として球場を後にした。

(文=松倉雄太