2009年10月24日 皇子山球場

福知山成美(京都2位)vsPL学園(大阪2位)

2009年秋の大会 近畿地区高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

先制となる2ランHRを放った桑原(福知山成美)

PL反撃及ばず

 1回裏、3番桑原将志(1年)の2ランで先制した福知山成美。先発・島本浩也(2年)は毎回のように走者を背負いながらも、コーナーを巧みに使いわけてPL学園を1点に抑え完投。ベスト8最後の切符を手にした。 

【 PL学園 】

9回、最後の反撃にかけたPL学園だが、福知山成美・島本浩也(2年)の気迫に手が出なかった。
初回の2点がこれほど重くなろうとは。敗れたPLナインの多くが呆然とした表情でグランドを後にした。

「序盤に(相手投手を)潰しておかないと」と振り返った河野有道監督。
 言葉通り、3回まで毎回チャンスを作りながら7残塁。どこかで捕えられるだろうという空気だったがあと1本が出ない。

吉川大幾主将(2年)は「個々の能力では負けていない。自分も含めた気持ちの問題です」。
拙攻が島本にリズムを与える。4回以降、得点圏に走者を進めたのはわずかに2回で、8回に犠飛で1点を返すのが精一杯だった。

「私生活からもっと考え直さないといけない。ミーティングで言おうと思います」と厳しい表情で話した吉川主将。試合後に、球場外のゴミを拾う姿があった。
主将の強い意志をチーム全員が持つことができるかが、長い冬の大きな課題となりそうだ。

(文=松倉雄太