2009年10月17日 皇子山球場

大阪桐蔭(大阪1位)vs関西中央(奈良3位)

2009年秋の大会 近畿地区高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

山中響佑(大阪桐蔭)

大阪桐蔭が大勝発進!

 この組み合わせが決まった時、これはいい流れだと思った。

 なぜならば、今大会が初出場になる 関西中央 にとって、学ぶべきものが、きょうの対戦相手に多いからだ。昨夏に全国制覇を果たしただけでなく、全力疾走などを徹底している大阪桐蔭を間近で見た、 関西中央 ナインが、何を感じるか、今後に向けても重要なのである。もちろん、大阪桐蔭を倒しても意味はある。

 試合は序盤から大阪桐蔭関西中央 を圧倒する。2回裏、先頭の江村が中前安打で出塁すると、犠打で二進の後、7番・西田の中前安打で1点を先制、藤田が左翼前安打でつないだ後、9番・福本の犠打を、 関西中央 の守備陣がミス。1番・市川、3番・山口に適時打で4点を追加、5番・江村のこの回、2本目の安打が適時打となり、さらに1点。計6点を奪った。

 4回裏には江村の犠牲フライ、5回裏には満塁から二つの死球で2点をうばって試合を決めた。守っても福本―山中のリレーで 関西中央 打線を1安打に抑えた。

 こう書いてしまうと、投打で大阪桐蔭が圧倒しただけに終わってしまうが、 関西中央 が受けたのは、そうした力の差だけではない。たとえば、1回裏の大阪桐蔭の攻撃、2番・広畑が投手ゴロを打つが、一塁まで全力で駆け抜けた。これはアウトになったが、そのあと、3番・山口が遊撃ゴロを放つと、 関西中央 の遊撃手・笹尾はミスしてしまった。 2番・広畑の全力疾走が、笹尾の失策を招いたのだ。2回裏にも、福本の送りバントで、 関西中央 守備陣がミスをしているが、これも、全力疾走の賜物である。

 関西中央 は奈良県内の中でも、個々の能力では天理,智辯学園を継ぐ位置にいるといっていい。しかし、セーフになりそうな打球やヒットに対しては全力で走るが、明らかな凡打になると露骨に手を抜く。格下相手に接戦をしてしまうのも、そうした精神面に起因している。

 全国制覇を果たしたチームでも、格下相手に手を抜かない。そのことを大阪桐蔭関西中央 に教えた試合だったと僕は思っている。ここから、どう変われるか。

 大阪桐蔭には申し訳ないが、 関西中央 にとっては意味のある試合だったと、僕は思っている。

(文=氏原英明