2020年08月08日 大阪市南港中央野球場

関大北陽vs東海大仰星

令和2年大阪府高等学校野球大会 5回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

トドメをさした4番・田中のスリーラン!関大北陽が7回コールドで8強入り!

 「今日は出来過ぎです」
 関大北陽の辻本忠監督は謙遜しながらも、時折笑顔で試合を振り返った。

 大阪市南港中央野球場で行われた関大北陽東海大仰星の5回戦は、序盤から関大北陽打線が力を見せて7回コールドで勝利した。

 1回裏、二死一、二塁から5番・川崎宗太のセンターへのタイムリーツーベースで2点を先制した関大北陽。その直後にすぐさま同点に追いつかれたものの、2回裏に再び2本のタイムリーを浴びせて3点を追加し勝ち越しに成功する。

 そして5対3と2点リードで迎えた4回裏には、二死二、三塁から3番・坪山雄大のレフト前タイムリーでさらに1点を追加すると、なおもランナーを二人置いた場面で4番・田中快生がライトスタンドに飛び込むスリーランホームランを放ってさらに突き放しに成功する。

 田中について辻本監督は「まじめで、ずっとバッティングばかりしている選手。力んでしまいずっと苦しんできた」と話し、努力を続けてきた選手であることを明かす。
 4番として期待し続けてきた選手だっただけに、辻本監督も思わず目尻を下げた。

 4回裏の猛攻で試合の主導権を奪った関大北陽は、先発の樽見海星が5回を7安打2失点の粘りの投球を見せて、6回からは背番号19の小豆野隼伍にスイッチ。
 小豆野が2イニングを1安打無失点に抑えると、7回裏に7番・伊藤光希のレフト前タイムリーを放ってこれで7点差がついてコールドが成立。10対3で関大北陽が勝利して、準々決勝進出を決めた。

 今大会は準決勝で大会の打ち切りがすでに決まっており、関大北陽は準々決勝の興國戦に勝利したとしても、準決勝で近大附と大阪学院高の勝者と対戦して、そこで大会は終了となる。

 今大会では、大阪の二大巨頭と言える大阪桐蔭履正社とは対戦が無いが、辻本監督は「あの2つ(2校)を目指してやってきましたが、大阪はそれでけではありません。他にも強いチームはあるので一つ一つ勝っていくだけです」と、目の前の試合に全力で向かっていく姿勢を口にした。

 一方、敗れた東海大仰星は、関大北陽の勢いに押され続けた印象だ。地力では点差ほど劣っている訳では無く、大阪の実力校であることに変わりはない。
 新チームではどんなチームを作り上げるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大仰星vs八尾【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
【大阪】大阪桐蔭、履正社、東海大仰星が4強!そして山田が公立校唯一のベスト4へ!<27日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
東海大仰星が八尾を投打で圧倒し、ベスト4!高橋、中村の投打の柱が躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
関大北陽vs大阪学院大高【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪商大堺vs東海大仰星【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
東海大仰星vs初芝立命館【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
金光大阪vs東海大仰星【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第91回 何の不自由もなく過ごしてもらいたい、理想は気の利くマネージャー!関大北陽(大阪)【頑張る!マネージャー】
第45回 東海大仰星(大阪)「チームワークと打力で悲願の夏の甲子園出場へ!」【冬が僕らを強くする2019】
第568回 全員攻撃野球で甲子園を狙う!関大北陽【後編】【野球部訪問】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
第128回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (後編) 【2013年インタビュー】
第127回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (前編) 【2013年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
関大北陽 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
令和2年大阪府高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る