トドメをさした4番・田中のスリーラン!関大北陽が7回コールドで8強入り!

 「今日は出来過ぎです」
 関大北陽の辻本忠監督は謙遜しながらも、時折笑顔で試合を振り返った。

 大阪市南港中央野球場で行われた関大北陽東海大仰星の5回戦は、序盤から関大北陽打線が力を見せて7回コールドで勝利した。

 1回裏、二死一、二塁から5番・川崎宗太のセンターへのタイムリーツーベースで2点を先制した関大北陽。その直後にすぐさま同点に追いつかれたものの、2回裏に再び2本のタイムリーを浴びせて3点を追加し勝ち越しに成功する。

 そして5対3と2点リードで迎えた4回裏には、二死二、三塁から3番・坪山雄大のレフト前タイムリーでさらに1点を追加すると、なおもランナーを二人置いた場面で4番・田中快生がライトスタンドに飛び込むスリーランホームランを放ってさらに突き放しに成功する。

 田中について辻本監督は「まじめで、ずっとバッティングばかりしている選手。力んでしまいずっと苦しんできた」と話し、努力を続けてきた選手であることを明かす。
 4番として期待し続けてきた選手だっただけに、辻本監督も思わず目尻を下げた。

 4回裏の猛攻で試合の主導権を奪った関大北陽は、先発の樽見海星が5回を7安打2失点の粘りの投球を見せて、6回からは背番号19の小豆野隼伍にスイッチ。
 小豆野が2イニングを1安打無失点に抑えると、7回裏に7番・伊藤光希のレフト前タイムリーを放ってこれで7点差がついてコールドが成立。10対3で関大北陽が勝利して、準々決勝進出を決めた。

 今大会は準決勝で大会の打ち切りがすでに決まっており、関大北陽は準々決勝の興國戦に勝利したとしても、準決勝で近大附と大阪学院高の勝者と対戦して、そこで大会は終了となる。

 今大会では、大阪の二大巨頭と言える大阪桐蔭履正社とは対戦が無いが、辻本監督は「あの2つ(2校)を目指してやってきましたが、大阪はそれでけではありません。他にも強いチームはあるので一つ一つ勝っていくだけです」と、目の前の試合に全力で向かっていく姿勢を口にした。

 一方、敗れた東海大仰星は、関大北陽の勢いに押され続けた印象だ。地力では点差ほど劣っている訳では無く、大阪の実力校であることに変わりはない。
 新チームではどんなチームを作り上げるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)