負けにくいチーム。箕面学園が自慢の守備力を発揮し、無失策で初戦突破!

 春準優勝の箕面学園
「打つチームではないので、接戦になることは覚悟していました」と語る田中祥雄監督。振り返れば、春の大阪府大会では、最高得点は8。1点差ゲームが2試合、2点差ゲームが2試合と、いずれも綱渡りの試合展開だ。7回勝利したといっても、準優勝チームというおごりはない。
「春7回勝ったことは自信になりましたが、過信にはなっていません。能力的に見れば、うちは弱いチームだと思います」
と語る田中監督。そんな今年のチームの強みは「負けにくいチーム」ということ。

「これは練習試合をさせていただく多くの監督さんが話していただくのですが、そこは強みだなと感じます」
 負けにくいチームを生み出しているのは鉄壁の守備である。外野手はスローイングが強く、内野手は軽快な動きを見せる。地味に見えるが、全く後ろにそらす気配がない。なぜそれができているのか。

 それは普段の練習にある。守備練習では二死三塁、一死一、三塁を想定した練習を繰り返し行っている。少しでも緩みがあれば、1点を失う状況下の中で、選手はメンタルを鍛えながら守備力を高めてきた。この試合は箕面学園の守備力の高さが随所に光った試合だった。

 3回表に1点を先制されたが、3回裏に反撃成功。一死三塁のチャンスから2番山田雄輝(3年)はスライダーを拾って中前適時打で同点。3番中村 陸翔(3年)もスライダーをとらえ、右前安打。4番山本 啓人(3年)は四球。5番藤田 篤生(2年)は遊ゴロで二死一、三塁。この間で1点を追加。6番石井 康晃(2年)は左中間を破る二塁打で4対1と点差を広げた。