日本一ハイレベルな準決勝

 甲子園で優勝するより、大阪で優勝する方が難しい。

 古くから言われている言葉を示すように今春選抜決勝大阪桐蔭履正社の大阪勢対決で、近畿大会はベスト4の内3校が大阪代表。しかもこの夏はに他県の優勝校を破った東海大仰星大体大浪商でさえ、準決勝の舞台に上がることなく姿を消した。そんな全国屈指の激戦区において、決勝進出を懸け大阪桐蔭履正社が激突。選抜決勝の再戦となった大阪大会準決勝は、一進一退の攻防となった。

 履正社の先発マウンドに上がった竹田 祐(3年)は初回を三者凡退。この日に懸ける意気込みが見て取れる投球で大阪桐蔭の上位打線を封じこめた。

 大阪桐蔭の先発・徳山 壮磨(3年)は立ち上がりに走者を2人背負ったが、先制点は許さない。2回の攻撃では先頭の山本ダンテ武蔵(3年)が安打で出塁するも三振ゲッツーが響き、結果的には3人で攻撃終了。履正社も徳山の前に三者凡退。まだ得点こそ入っていなかったが、どちらも打線に力があり、凡打でも打球が速い。どの打者も強いプレッシャーを相手守備陣にかけていた。爆発力を持った打線がそのまま終わるはずもなく、3回からは攻撃をする度に流れが変わるような展開となった。

 3回表、大阪桐蔭は二死二塁から1番・藤原 恭大(2年)がレフト前に適時打を放ち1点を先制。しかしその裏、履正社は一死から1番・石田 龍史(3年)がセンター前に安打を放ち出塁すると、2番・西山 虎太郎(2年)が左中間を真っ二つ。打球がフェンス際まで転がる間に石田は一気に生還を果たし、すぐさま試合を振り出しに戻す。さらに二死後、4番・若林 将平(3年)の放った打球は高いバウンドで三遊間を越えてレフト前に抜け、西山が勝ち越しのホームイン。片山 悠(3年)にも適時打が飛び出し、準々決勝までの6試合全てをコールドで勝ち上がってきた勢いそのままに試合をひっくり返した。