2017年07月27日 大阪市南港中央野球場

履正社vs大体大浪商

2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

履正社、投打とも圧巻!春準優勝の大体大浪商を5回コールド!

10対0。
選抜準優勝の履正社が春準優勝の大体大浪商に5回コールド勝ち。履正社打線はさらにレベルアップしていると実感させられるスコア内容だった。1回裏、1番石田 龍史(3年)が右中間スタンドへ飛び込む先頭打者本塁打で1点を先制。そこからは履正社ペース。主砲・安田 尚憲(3年)の2ランで3対0。さらに一死から。5番濱内 太陽(3年)は左中間を破る二塁打。6番片山 悠(3年)は左中間を破る適時二塁打で4対0にすると、二死一、三塁から9番西山 虎太郎(3年)の内野安打で1点を追加して、5対0にした。2回裏には安田の適時二塁打、さらに4番若林の犠打の後、5番濱内の適時打で7対0。6番片山は左飛。7番竹田は左前安打。8番竹村 慎(3年)は中前安打で1点を追加。これで8対0となった。

 さらに4回裏には、6番片山の二塁打をきっかけに二死二、三塁のチャンスを作り、まずパスボールで1点を追加。その後、二死二塁から1番石田が左越え三塁打を放ち、10対0と5回裏までに10点差とした。

大体大浪商投手陣が悪いわけではない。大体大浪商の先発・宮本 大勢は常時133キロ程度の速球、スライダー、カーブとオーソドックスな左腕で、力量は大阪府としては上位レベル。そう簡単に点が取れる投手ではない。また3回以降に登板した立石 健(2年)は上背がある右の本格派。左足をしっかりと上げてから、左腕のグラブを斜めに掲げて、一気に振り下ろす投球フォームから繰り出す直球は常時130キロ~136キロを計測し、来年以降には140キロ超えも見える投手。スライダーの切れもまずまずで、簡単には打てないと思わせる投手に対しても、あっさりと2得点。

 履正社の打撃を見ると、相当強い覚悟をもって夏まで練習をしてきたんだと実感させる攻撃だった。体つき、スイングスピード、打球速度、コンタクト能力。すべてにおいて全国トップレベルと実感させられる打撃内容だった。

 連覇を狙う大阪桐蔭にとっては大きなプレッシャーを与えることができたはずだ。

 先発の竹田 祐は、常時135キロ~138キロ程度の直球、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分けながら投球を展開。135キロ前後でも、他校の投手と比べても、ボールのキレが違う。さすが甲子園決勝まで勝ち進むだけの投手はあると思わせる内容だった。

 投打ともに完勝。これ以上ない試合運びで準決勝まで勝ち進んだ履正社。選手の試合運びを見ると、どことなく余裕を感じさせる。もちろん大阪桐蔭と戦うことになれば、多大な緊張感はあるかもしれない。しかしこの試合ぐらいの精神状態で大阪桐蔭戦に入ることができれば、大阪桐蔭の連覇を止める力は十分に持っている。

【試合経過はこちら 】

(文=河嶋 宗一

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社と関大北陽が最終戦を勝利で飾る!大阪桐蔭は好機逃す!2試合を徹底レポート!【大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】履正社が夏では21年ぶりに大阪桐蔭に逆転勝利!<10日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1004回 今年も群雄割拠!!2020年の大阪の勢力図を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第5回 昨年夏に初の全国優勝を成し遂げた履正社の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
大体大浪商 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権大阪大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

履正社あと少し!履正社高校OB東京代表 2017.07.27
履正社高校の選手諸君、大阪の頂点はもうすぐやで!
気合い入れて頑張りや!

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る