2018年07月15日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

糸満vs美来工科

2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

投打に1人輝く金城龍史朗の活躍で、糸満が2年連続13度目の夏ベスト4

 投げては6回まで無失点。7回で降板したが自責点1の完璧なピッチングを披露した糸満金城龍史朗。だが、彼の働きはそこだけではなくバッティングでも輝きを見せた。

 序盤2回を終えて糸満は4安打、美来工科が3安打と拮抗ながら、糸満・金城龍と美来工科比嘉竜が締めて両軍ゼロで迎えた3回だった。糸満はこの回先頭の石川がライト前ヒットで出塁。続く村上もレフト前へ運ぶと次打者は死球で満塁とする。ここで打席には金城龍。実は前打席でもライトへ長打を放っていた金城龍は、ここでも逆らわず上手く流した打球が、レフトからライトへ吹く風にも乗って頭上を襲う走者一掃のタイムリー三塁打。糸満が3点を先取した。

 中盤は美来工科の守りの前に得点することがかなわない糸満だったが7回、またもやこの男が放つ!

 糸満は大城勇が二塁打。代打で送った安仁屋がベンチの期待に応えセンターへのタイムリー二塁打。次打者も内野安打で続くと、金城龍が思い切り引っ張る。打球はレフトの頭上を越えるタイムリー二塁打。金城は第3打席にもヒットを放っており、この日は4安打5打点の大活躍。7回裏に1点を失いお役御免の降板も、間違いなくこの日の主役だった。

 美来工科は最終裏、一死一塁から途中出場の新垣がライト前ヒット。続く玉城幸は相手のエラーを誘う。ここで主砲比屋根がしぶとくレフトの前に落とすタイムリーヒット。「泥臭く」と、いつも声掛けする監督の思いが乗った気迫の一打だった。さらに比嘉真がレフトへタイムリー二塁打。第1シードKBC学園未来沖縄を破った意地を見せてくれたが、5点差は余りにも大きくここまで。

 糸満が昨年に続く2年連続ベスト4入り(通算では13度目)を決めたナイスゲームだった。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
北山vs糸満【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
美来工科vs前原【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
シード校以外にも注目!沖縄の春はどこが頂点に立つのか?【沖縄県大会展望】 【ニュース - コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第47回沖縄県高校野球部対抗競技会 総合優勝は興南高校! 【ニュース - その他】
第871回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【後編】~憧れの師との数奇な運命~ 【2019年インタビュー】
第870回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【前編】~具体的な目標を立て行動した学生時代~ 【2019年インタビュー】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
美来工科vs美里工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
美来工科vs未来沖縄【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
美来工科vs那覇工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
糸満 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 沖縄大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る