2018年06月23日 北谷公園野球場

八重山vs美里工

2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

2年連続1点差対決の好勝負!逆転で八重山が制した

 昨年の選手権沖縄大会2回戦は八重山がサヨナラ勝ち。それから約1年後、再び両者がぶつかったがやはり、1点を争う好ゲームが繰り広げられた。

 先制したのは美里工。1回表、二死一塁から4番宮城里於がライトを襲うタイムリー三塁打を放つ。3回は得点には至らなかったものの、連打が生まれるなど押していたのは美里工だった。

 追う八重山は3回裏、死球と2本のヒットで満塁とすると5番里盛佑樹がレフト前へ運び同点とした。なおもチャンスであったが、ここは美里工先発の花城紘人が後続を斬る。前半を終えて1-1と、両者前評判通り互角の展開を見せた。

 均衡が破れたのは6回。八重山は當銘元太の二塁打を足掛かりに二・三塁のチャンス。ここで豊平康太朗がセンター前に運ぶ逆転の2点タイムリー。流れを引き寄せた八重山は続く7回裏、4番伊舎堂裕也に2点タイムリー三塁打が生まれ美里工を突き放した。

  2年連続同じ相手に敗れるわけにはいかない美里工も粘る。8回表、一死一・二塁から5番上門竜成に2点タイムリー二塁打が飛び出すと9回。一死一塁から1番仲吉黎が1点差に迫るタイムリー二塁打。熱気を帯びる北谷公園野球場だったが、最後は八重山のエース川原 光が三振、セカンドフライに斬りゲームセット。1年前の先輩たちに負けず劣らずの好ゲームを見せてくれた両校に、スタンドのファンも酔いしれたナイスゲームだった。

 

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
美里工vs前原【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
春季沖縄県大会を展望 沖縄水産と興南が同ブロック、そして八重山農は春も躍進か?【後編】 【ニュース - コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
2020年の沖縄県高校野球を占う 名将の采配と勢力図をズバリ予想! 【ニュース - コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第999回 小さな学校大きな夢! 21世紀枠九州地区代表・本部高校(沖縄)【野球部訪問】
具志川vs美里工【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
嘉手納vs八重山【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
八重山農林vs前原【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美里工vs読谷【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
美里工 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 沖縄大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る