岡山県ナンバーワン左腕・木村蒼 創志学園に5安打完封勝利!

 創志学園に完封勝利を挙げた倉敷商。伝統校らしいしたたかな戦いだった。

まず好投を見せたエースの木村 蒼。インステップ気味に踏み込む独特の投球フォームから繰り出す直球は常時135キロ前後(最速141キロ)。手元のスピードガンでも130キロ中盤と決して速くないのだが、手元でピュッと伸びてくる球質で空振りを奪える。両サイドに速球、スライダーが低めに決まり、高めに浮くボールが一切ない。右打者、左打者ともに目線から遠い位置に安定して投げ続けることができるので、創志学園の打者は腰が引けた打撃になり、フライ、ゴロと手玉に取る投球を見せ続ける。

 技巧派投手のような投球スタイルだが、ストレートの球速、切れはなかなかのものがある。岡山県ナンバーワン左腕に相応しい投手だった。

 また打線は西純矢に対してファールで粘りながら球数を重ね、甘く入った変化球は内野の間を抜く打撃スタイルを徹底し、10安打。長打はわずか1本だけだが、6回裏の犠飛、7回表の右前適時打としぶとい攻撃で西から2点を奪った。昨年は西の前に手も足も出なかった倉敷商打線。今年は一味違った。

 木村は5安打完封勝利。世代を代表する西に投げあって決勝進出を決めた。次は県内屈指の強力打線・岡山学芸館との対戦。果たして木村は甲子園に導くピッチングを見せることができるか、注目だ。