2017年07月20日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

日本文理vs巻総合

2017年夏の大会 第99回選手権新潟大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本文理、今大会初失点も七回コールドで準決勝へ

 ここ数年、新潟県大会準決勝はHARD OFF ECOスタジアム新潟で行われている。ベスト8に残った強豪が一堂に会し、1日に4試合行われるということもあって、今年も、平日にもかかわらず県内の多くの高校野球ファンが朝早くから球場に詰めかけた。

 第1試合は、ここまで圧倒的な強さを見せている昨秋、今春の王者・日本文理常葉大菊川。対するは、ノーシードながら、強豪校を撃破し、快進撃をみせている巻総合。試合は日本文理が優位に進めた。

 日本文理の先発は、その潜在能力を高く評価されている140km/h右腕・鈴木 裕太(2年)。その立ち上がり、制球が定まらず、一死後、連続四球と内野安打でいきなり一死満塁のピンチを招いてしまう。だが、ここからが鈴木の真骨頂。巻総合5番・鏡 理央(3年)、前の試合で本塁打を打っている6番・田原 諒(3年)を連続三振にきってとる。

 するとその裏、日本文理はエラーで出たランナーを盗塁と送りバントで三塁へ進め、巻総合先発の鏡のワイルドピッチであっさり先制。その後も四球でチャンスをつなげると、4番・松木 一真(3年)がライトへタイムリーツーベースを放ち2点目をあげる。勢いに乗る日本文理は、二回にも四球とヒットでチャンスを作ると9番・鈴木の2点タイムリー、2番・堀内 真森(3年)の犠飛、5番・星野 稜(3年)のタイムリーで4点を追加。巻総合・鏡をノックアウトし、リードを6点に広げる。

 リードをもらった日本文理・鈴木は二回以降ピンチらしいピンチも作らず、四回を被安打2、5奪三振の好投。一方、三回、四回と巻総合2番手・田原の前に抑えられていた日本文理打線だったが、五回に四球から、6番・笠原 遥也(3年)のタイムリースリーベースなどで3点を追加。9点差にリードを広げ、なおも二死一、三塁。あと1点でコールドという場面で、途中出場の宮澤大貴(3年)が放った打球はセカンドへのハーフライナー。

 ここで、ショートバウンドで裁こうとしたセカンドがファンブルし、万事休すかと追われたが、ファンブルした打球がセカンド塁上にいたショートへのアシストとなりフォースアウト。何とかコールドを免れると、ここから巻総合の反撃が始まる。

 九死に一生を得た巻総合は六回、日本文理2番手・原田 航汰(3年)から、先頭の三富魁翔(2年)がセンター前ヒットを放つと、続く代打田中浩太(3年)が左中間へツーベースを放ちチャンスを広げる。

 一死後、日本文理は3番手・西村 勇輝(3年)にスイッチするが、6番・田原がレフト前へ運び1点返す。さらに続く7番・山岸大輝(2年)がスクイズを決め、この回2点を返す。

 勢いに乗る巻総合は続く七回にも3安打を集中し1点を返すが、その裏日本文理も途中出場の倉川 悟(3年)が、巻総合3番手・梨本央河(3年)から左中間にタイムリーを放ち、試合終了。

 10対3、七回コールドで日本文理が勝利し、準決勝へコマを進めた。敗れた巻総合だが、春の大会で10対0(五回コールド)で敗れた相手に大善戦。今大会ここまで失点のなかった日本文理から3点を奪うなど快進撃の勢いを感じさせ、試合終了後、球場全体から温かい拍手が送られた。

(取材=町井 敬史)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【新潟】五泉が9点差をひっくり返す大逆転劇で3回戦進出!<10日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【新潟】新潟明訓、今夏8強の関根学園らが勝利!<9日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 高校野球を終えたキミたちへ 恩師からの手紙 ~日本文理キャプテン・平野貴史~【高校野球は空の色】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
長岡商vs加茂農林【新潟県 2018年夏の大会 第100回選手権新潟大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
日本文理 【高校別データ】
巻総合 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権新潟大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

巻総合今までお疲れ様マネージャーの弟 2017.08.22
巻総合初のベスト8おめでとう㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️
よく文理から3点とった。!!
来年も強い人がいるから優勝

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る