■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
東都三部でも注目度が高い強肩捕手・白石翔樹(東農大)。ソフトボール時代から培った強打は魅力的

 今年の大学生は中央球界、地方球界問わず人材が豊富である。今年、東都三部にプロを狙う逸材捕手がいる。それが東農大の白石 翔樹だ。

 高校通算20本塁打を武器に注目された白石は大村工時代は3年春に九州大会出場。3年夏も決勝進出するなど、長崎県屈指の強打の捕手として注目された。東農大入学後も1年から活躍し、3年まで通算58安打をマークし、捕手としてスローイングタイム1.8秒~1.9秒台の強肩を誇る。

 今年は三部でプロを目指す白石の歩みを振り返る。

(続きを読む)

ドラフト2020関連記事
最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年
世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)はなぜ圧倒的なピッチングをテーマにしているのか?
ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題