なぜ痛くなったかを考える

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.10

肩や肘が痛くなったときに「なぜ痛くなったか」を考えてアプローチすることが大切。

 野球の練習を続けていると、肩や肘、腰などに痛みを覚えることがあると思います。そのとき痛くなった部位を中心にアイシングやストレッチなど、出来る範囲でのセルフコンディショニングを行うことが多いと思いますが、一方で毎日ケアをしていてもあまり状態が良くならない(もしくはどんどん痛くなる)こともあるでしょう。痛みが出た部位への適切な対応は必要ですが、それと同時並行して「なぜ痛くなったのか」という原因を考えてみることも大切です。

 ピッチングやスローイングなどの投球障害の場合、肩痛や肘痛を起こす原因は、肩や肘そのものにあるのではなく、体の使い方や下肢・体幹の柔軟性や筋力などによってフォームが崩れ、結果として肩や肘に負担がかかるような動作を繰り返しているケースが少なくありません。まずはスローイングフォームなどをチェックしてみましょう。指導者の方にみてもらったり、キャッチボールの相手に確認してもらったりすると、自分では気がつかなかったフォームの改善点が見つかることがあります。スマホなどを使って動画を撮影してみることもよいと思います。

 またフォームチェックと同時に、体幹や下肢の柔軟性や関節可動域(関節の動く範囲)などもチェックしてみましょう。投球側と非投球側では左右差が顕著に現れることがあります。疲労によっても柔軟性や関節可動域は低下しやすくなるため、投球動作を繰り返しているうちにだんだんと疲労がたまってフォームや姿勢が崩れていたということもあります。必ずしも左右対称を目指す必要はありませんが、あまりにも差が見られる場合は、体のバランスを整える意味でもストレッチやトレーニングなどを行って、体全体のコンディションを上げるようにしていくことが大切です。痛みのある部位だけではなく、全体から痛みをとらえられるように「なぜ痛くなったか」を考えながらセルフコンディショニングを行いましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
アスリートと腸内環境の関係性とは 【ニュース - その他】
体の構造を知り効果的な体の使い方を覚えよう! 【ニュース - コラム】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第226回 暑い時期の練習計画とコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 熱中症が疑われるときの応急対応はどうすればいい?【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
2019年に高校野球に舞台を移す好投手達のピッチングを紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る