• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 全国トップレベルの遊撃手・成瀬 脩人(東海大菅生)の打撃!抜群のバットコントロールを見せる

全国トップレベルの遊撃手・成瀬 脩人(東海大菅生)の打撃!抜群のバットコントロールを見せる

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.12

 今回は2018年12月に行われた東京代表のキューバ遠征のバッティング練習の様子から東海大菅生成瀬 脩人選手をピックアップして紹介していく。

 名門・東海大菅生のショートを守る成瀬 脩人。軽快なフットワーク、グラブ捌き、スローイングの確実性を見せ守備力は全国トップレベルと言ってもいいだろう。

 打撃も良く、秋季東京都大会では6試合で22打数10安打、7打点と好成績を残し東海大菅生の準優勝に大きく貢献。広角に打ち分けるバットコントロール、高確率で芯に捉える技術を持つ。



全国トップレベルのショートストップ・成瀬 脩人(東海大菅生)

 東京代表のセレクションではライナー性の打球を連発。早稲田大学戦でも、レフトへクリーンヒット。日大三戦では第1試合で2安打、第2試合でも右前安打を放ち、計4打数3安打と結果を残した。凡退した打席でも鋭い当たりを放っており、前田三夫監督(帝京)からは「成瀬はボールをとらえる能力が素晴らしい」と絶賛を受けている。

 キューバ第2戦でも鋭い三塁打を放つなど対応力を示した。

 高いセンスを発揮した成瀬。2019年はどんな活躍をしてくれるのだろうか。

あわせて読みたい!
東京都高野連がU17代表のセレクションを実施!参加選手が刺激を受ける有意義なイベントに!
「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡

【関連記事】
偉大なる先輩・鈴木 誠也を彷彿とさせる右田 稜真(二松学舎大附)長打力は東京屈指! 【ニュース - その他】
春の東京の頂点に立つのは?注目校と注目選手を徹底解説! 【ニュース - コラム】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第564回 意識から改善しセンバツで勝利を目指す!国士舘【後編】【野球部訪問】
第552回 緻密さと豪快さを求めて!ニュー岩倉で春に挑む!(東京)【後編】【野球部訪問】
第835回 石川、野村に注目!第91回選抜逸材ガイドブック!【東日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第838回 奥川、及川の両剛腕に注目!第91回選抜逸材ガイドブック!【東日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東海大菅生 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季栃木県大会】猛打爆発、國學院栃木!2回戦8試合の結果!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る