News

【春季神奈川大会】向上がベスト4進出一番乗り!10年ぶり第1シード獲得!ベスト8唯一の公立校・横浜清陵は惜敗〈春季大会〉

2024.04.27


ベスト4進出を決めた向上・百瀬 匠

27日、保土ヶ谷球場で春季神奈川県大会の準々決勝2試合が行われている。第1試合では、向上横浜清陵が対戦。4対3で向上が勝利し、準決勝進出を決めた。

両チームとも2点を取り合い、5回まで一進一退の攻防が続いた。終盤まで得点動かず迎えた8回表、向上が2死2塁の好機を作ると松根 葉流内野手(3年)がタイムリーを放ち勝ち越し。しかし、横浜清陵も続く8回裏の攻撃で代打の高須 琉瑚選手(3年)が同点打を放つなど拮抗した展開となった。最後は9回に相手のエラーから向上が1点を奪い勝利。準決勝進出と10年ぶりの夏の第1シード獲得を決めた。

試合後、向上の平田 隆康監督は、「常に一戦必勝で、ゴールはここにしていないので。あくまで通過点と選手には伝えています。大会の緊張感を味わえることが非常にいい。それにつきると思います」と振り返った。
また2番手でマウンドにあがった百瀬 匠選手(3年)は、「どっちが勝ってもおかしくないこの試合だったので、一球一球全力でした。最後のイニングは『絶対に抑える』という思いをもって投げました」と、振り返った。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】春季神奈川県大会 結果一覧
【一覧】神奈川県 注目選手
【神奈川】昨年夏決勝カードの再現、慶應義塾-横浜など準々決勝が熱い<春季県大会>

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. 中野

    2024-04-28 at 4:41 AM

    おめでとうございます、久し振りにご活躍待ってました、貴校の長年夢成就する事、伊勢原市民10万人応援しています、決勝で校歌歌いたい🎵白雪光る富士の嶺にみ国の文化高めんと♪…。

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.11

【新潟】プロ注目右腕の帝京長岡・茨木が完封、日本文理とともに決勝進出<春季県大会>

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>