News

【神奈川】昨年夏決勝カードの再現、慶應義塾-横浜など準々決勝が熱い<春季県大会>

2024.04.27


小宅(慶應義塾)、椎木(横浜)、森(桐光学園)、藤田(東海大相模)

2024年度春季神奈川県高校野球大会は27日、28日に準々決勝が予定されている。関東大会(5月18日開幕・群馬)への出場権を得る決勝進出および優勝へ。熱き戦いが予想されるが、その対戦カードは以下の通り。

<27日>
10:00 向上横浜清陵
12:30 武相日大藤沢

<28日>
10:00 慶應義塾横浜
12:30 東海大相模桐光学園
(会場はすべてサーティーフォー保土ヶ谷球場)

慶應義塾横浜の対戦は、昨年夏の決勝が記憶に新しい。9回併殺プレーの微妙な判定後、慶應義塾が逆転3ランで勝利。そのまま夏の甲子園も勝ち進み、107年ぶりの優勝を飾った。2校の対戦はそれ以来となる。春季大会となれば、2016年準決勝以来で、この時は5対1で横浜が勝利している。今大会は両チームともに打撃が好調で激しい点の取り合いとなる可能性が高い。

昨年秋の神奈川を制した桐光学園が、4強だった東海大相模と対戦する。昨年秋はエース・法橋 瑛良投手(3年)を中心とした守り勝つ野球だったが、今春は打撃陣がレベルアップ。高校通算37本塁打の大型遊撃手・森 駿太内野手(3年)を中心とした野手陣の実力が試される。東海大相模桐蔭学園を相手に完封した藤田 琉生投手(3年)をはじめ、投打にスキがなく、好ゲームが期待される。

横浜清陵は初の春季大会ベスト8進出を決めて勢いに乗っている。公立校で唯一、夏の第2シード以上を確定させ、向上との戦いに挑む。

日大藤沢西澤 沖投手(3年)が4回戦の藤嶺藤沢戦で1失点完投勝利を挙げるなど好調。横浜商を破って2013年以来、11年ぶりの8強入りを果たした武相とぶつかる。

<関連記事はこちら>
◆【一覧】春季神奈川県大会結果
◆【春季地方大会日程一覧】九州は5月20日から!最も遅い東北は6月14日開幕
◆【一覧】全国各地区春季大会組み合わせ
◆【一覧】2024年 高校生ドラフト候補リスト
◆【一覧】高校日本代表一次候補39人

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.11

【阪神大学】V7の天理大の戦力紹介!投手力、打撃力、機動力充実の布陣で大学選手権へ!

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>