メジャー4年目を迎えるドジャース・前田健太を支えた先輩の一言

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.10

前田健太選手

メジャー4年目を迎えるドジャース・前田健太を支えた先輩の一言

 今年はメジャー3年目にして2年連続でのワールドシリーズで登板。今ではロサンゼルス・ドジャースの投手陣で欠かせない存在となった前田 健太選手。12月7日、「ミズノブランドアンバサダー会議」に出席して、2019年1月よりミズノと複数年契約を結んだことを発表した。

 「MLBでミズノというブランドを広められるように野球少年、野球少女に憧れるような選手になれるように改めて頑張っていきたい」とブランドアンバサダーとしての意気込みを語った。

 今回の会議でグローブのカラーリングを変更したと語る前田選手。来季は新グローブを手にした前田が遠くアメリカの地のマウンドで見れることになりそうだ。

 前田選手はメジャーにわたり3年。1年目には16勝をマークするなど、1年目から活躍を続けるが、「最初は不安しかなかった」とメジャー1年目の当時を振り返る。

 そんな前田選手の背中を押したのが、先日読売ジャイアンツに電撃移籍が決まった岩隈久志選手である。

 岩隈選手はメジャー1年目の時は岩隈選手に多くのことを質問したが、岩隈選手は1つ1つ丁寧に返してくれたそうだ。そんな岩隈選手から「マエケンなら大丈夫」という言葉が自信に繋がった。

 アリゾナキャンプで食事に連れていってもらうほど岩隈選手と前田選手は仲が良く、気心知れたメジャーの先輩からの一言は、前田選手がメジャーでプレーにするにあたって大きな活力となった。

 岩隈選手が日本に戻り、前田選手は「対戦することがなくなり寂しいですが、まだまだ現役でやられるのは嬉しいです。」と先輩の現役続行を喜んだ。

 戦う場所は違えど、前田選手は今後もアメリカで日本が誇るスポーツメーカー・ミズノを広めつつ、そして先輩の言葉を胸にワールドシリーズ制覇を目指して、右腕を振り続ける。

【ミズノ株式会社】

【関連記事】
田中将大世代である「昭和63年会」が発足 高校、大学指導者などが親睦を深める 【ニュース - 高校野球関連】
ツインズ移籍が決まった前田健太の高校時代。性格も、実力も、まさにパーフェクトな投手だった。 【ニュース - コラム】
第1046回 ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート 【2019年インタビュー】
第1045回 野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん 【2019年インタビュー】
第1038回 「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん  【2019年インタビュー】
第1033回 3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長 【2019年インタビュー】
第1033回 3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員 【2019年インタビュー】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第202回 【BIG5特集】西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを【ドラフト特集コラム】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第30回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【前編】(1950年代~1990年代前半)【高校野球ヒストリー】
第29回 多くの球児のプレーを支え続けた道具の進化の裏にある「ええもんつくんなはれや」の精神【高校野球ヒストリー】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
【選抜高校野球】21世紀枠推薦校は北嵯峨が推薦される
次の記事:
山田健太の守備の師匠!大阪桐蔭出身・坂之下晴人(関西大)の守備のポイントは左足にあった!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る