2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は島根を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 浜田 7回
2位 大社 5回
3位 大田 3回
3位 江の川 3回

 島根県の昭和時代は、浜田と大社が引っ張ってきた。出場回数も多く、県内では2強を形成していた。しかし、昭和の最後に「大物」が誕生する。江の川(現・石見智翠館)の捕手だった谷繁元信だ。のちに大洋(現・DeNA)に入団し、横浜、中日の捕手として活躍。中日では監督も兼任した。NPB歴代最多の3021試合出場。入団1年目からの24年連続本塁打マークもプロ野球記録だ。

 1987年(昭62)から2年連続で甲子園に出場。昭和最後となる1988年(昭63)には、島根大会5試合すべてで本塁打をマークする7本塁打を放った。甲子園でもベスト8に進んでいる。高校通算42本塁打。強打者の捕手として一斉を風靡した。

 島根県初代表は杵築中(現・大社)で、初勝利も杵築中が初出場した1917年(大6)の初戦でマークした。島根県勢の最高成績はベスト4で、杵築中、松江中(現・松江北)、江の川が記録している。県勢通算成績は31勝64敗で、勝利数の都道府県ランキングは44位。

★島根県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 石見智翠館 11回
1位 浜田 11回
3位 開星 10回
4位 大社 8回
5位 益田東 4回

★島根県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 石見智翠館 7勝(4強1回、8強2回)
1位 浜田 7勝(8強1回)
3位 大社 4勝(4強1回、8強1回)
4位 松江北 3勝(4強1回、8回1回)
4位 立正大淞南 3勝(8強1回)