2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は福岡を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 小倉 9回 
2位 小倉工 8回
3位 福岡工 4回
3位 戸畑 4回
3位 東筑 4回 

 

 福岡の昭和の歴史をひも解くと、時代を担った高校、快進撃した高校、話題を振りまいた高校が登場する。時代を追って振り返ってみる。

 

 昭和の時代が始まったころは小倉工福岡工が全盛期を迎える。1930年(昭5)から1936年(昭11)までは出場5校すべてが小倉工で、翌年から福岡工が4年連続で甲子園に出場している。戦後になると小倉が台頭する。1947年(昭22)から、福岡県勢で唯一となる夏連覇を果たした。エースは福嶋 一雄投手で、連覇した1948年(昭23)には全5試合完封を達成。連続45イニング無失点の記録を持っている。3連覇を狙った1949年(昭24)、準々決勝で敗れた福嶋が球場を引き揚げる際に、ネット裏付近に立ち止まりスコアボードを見つめると甲子園の土をポケットに収めた。所説あるが「甲子園の土を最初に持ち帰った球児」として取り上げられることになる。小倉の全盛期が始まり、戸畑など北九州の公立校が強い時代が続いた。

 その小倉以来となる夏甲子園頂点に立ったのは新星のごとく現れた三池工だった。1965年(昭40)。石炭から石油へのエネルギー革命が起き、時代の流れに押しつぶされそうになっていた炭鉱の町にとっては明るいニュースだった。巨人・原辰徳監督の父、原貢監督のもと初出場初優勝。2年生エースだった上田 卓三投手は南海(現・ソフトバンク)ドラフト1位、捕手だった穴見寛氏は東海大五(現・東海大福岡)監督としても甲子園に出場している。

 話題を振りまいたのは筑後地区の私立、柳川商(現・柳川)だった。1973年(昭48)に「怪物」と呼ばれた江川 卓投手(元巨人)擁する作新学院に、敗れたものの延長戦に持ち込む善戦を見せる。福田精一監督が「プッシュ打法」で江川から7安打を放ったり、サヨナラ負けのピンチでスクイズ封じのために、センターを三塁手の前に守らせる「内野5人シフト」を敢行。結果的に投ゴロ併殺で切り抜けるなどの奇策で有名になった。さらに1976年(昭51)には久保 康生投手(元近鉄)を擁して春に36連勝を誇るなど強さを見せて優勝候補として夏に挑んだ。3回戦でPL学園(大阪)に敗れるが、全国の頂点が見えたチームだった。ちなみにこの時、マスクをかぶっていた末次 秀樹捕手(現・真颯館監督)は甲子園2試合全8打席連続安打の金字塔を打ち立てている。

 1983年(昭58)には久留米商がエース山田 武史投手を擁して4強。昭和最後となった1988年(昭63)には福岡第一が「九州のバース」の異名をとった山之内 健一内野手と、のちにロッテ、中日などで活躍する前田 幸長投手が中心となり準優勝に輝いた。

福岡県初代表は第1回大会の久留米商。初勝利は1919年(大8)の小倉中(現・小倉)。最高成績は小倉三池工西日本短大附の優勝。福岡県勢の通算成績は92勝87敗、勝利数の都道府県ランキングは12位。

★福岡県勢の代表回数上位ランキング
1位 小倉 10回  
2位 柳川 8回 
2位 小倉工 8回  
4位 九州国際大付 7回
5位 西日本短大附 6回
5位 東筑 6回

★福岡県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 小倉 15勝(優勝2回、4強1回、8強1回)
2位 柳川 10勝(8強2回)
3位 西日本短大附 9勝(優勝1回、4強1回)
3位 久留米商 9勝(準優勝1回、4強1回) 
5位 小倉工 8勝(4強2回)