試合レポート

【春季埼玉県大会】吉田ツインズとロングリリーフ水村が躍動!松山が乱打戦を制し県大会へ!

2024.04.19


水村 蔵ノ介(松山)

<春季埼玉県高校野球大会地区予選:松山11-9本庄第一>◇14日◇北部代表決定戦◇熊谷公園

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

熊谷公園球場(略称ハレスタ熊谷)の第2試合は、松山vs本庄第一という北部の強豪同士の一戦。

先発は松山栗原 禅投手(3年)、本庄第一・鶴見 僚将投手(3年)と両エース左腕が登板し試合が始まる。

試合は初回から激しく動く。

1回、松山は2番・水村 蔵ノ介内野手(3年)が左翼への二塁打を放ち出塁すると、続く渡辺 大翔(2年)のところで二走・水村が三盗を試みる。これが捕手の悪送球を誘い、幸先良く1点を先制する。

本庄第一はその裏、先頭の加賀崎 英将(2年)が右翼線へ二塁打を放ち出塁すると、続く倉嶋 奏太朗(3年)がきっちりと送り、1死三塁とする。ここで3番・藤川 修史(2年)が左前へポトリと落ちる適時打を放ちまず1点、続く青山 和樹(2年)のところで、本庄第一ベンチはエンドランを仕掛けると、これが二塁への内野安打となり1死一、二塁。2死後、6番・中田 優雅(3年)が中前適時打を放ち2対1と逆転する。

ここで松山ベンチは早くも動く。先発の栗原を諦め、2番手に遊撃手の水村がマウンドに上がる。

だが、本庄第一の勢いは止まらず、松山・水村の代わり端を攻め、7番・宮島 幸人(3年)が左前適時打を放つなど本庄第一はこの回3点を奪う。

2回以降は、ややゲームが落ち着く。

松山は4回、2死から4番・奥田 瑛道(3年)が死球で出塁すると、続く赤川 陽優(2年)のところで二盗を試みる。これが捕手の悪送球を誘い三塁へと進む。ここで赤川が中前適時打を放ち1点差とする。

迎えた5回、3巡目を迎えるところで松山打線が本庄第一・鶴見を捉える。

この回先頭の吉田 兼梧(1年)が左前安打を放ち出塁すると、続く吉田 翔棋(1年)がきっちりと送り1死二塁とする。ここで1番・志賀 柊汰(3年)がセーフティーバントを決め、1死一、三塁とチャンスを広げると、続く水村がセーフティースクイズを決め同点、さらに3番・渡辺が左前適時打を放ち4対3と逆転に成功する。

本庄第一ベンチはここでエース鶴見を諦め、2番手に右サイドの米田 爽真投手(2年)をマウンドへ送る。

だが、松山は攻撃の手を緩めず、本庄第一・米田の代わり端を攻め、4番・奥田が死球で出塁し1死満塁とチャンスを広げると、続く赤川が中前適時打を放つと、さらにセンターの返球が悪送球となり6対3、続く栗原も適時内野安打を放つなど、結局、この回一挙5点を奪うビッグイニングを作り7対3とする。

このままでは終われない本庄第一は6回、5回以降ややボール先行になり始めた松山・水村に対し、この回先頭の阿部 亜蓮(2年)が中前へポトリと落ちるヒットを放ち出塁すると、1死後、7番・宮島のところで本庄第一ベンチはエンドランを仕掛ける。宮島は期待に応え右前安打を放つが、一走・阿部は途中躓いた影響で三塁憤死する。それでも続く米田が左翼へ適時二塁打を放って1点を返す。

本庄第一は7回にもこの回先頭の加賀崎が中前安打を放ち出塁すると、続く倉嶋がきっちりと送り1死二塁とする。2死後4番・青山の一ゴロがタイムリーエラーとなり7対5とする。さらに本庄第一は4番・青山に代走・小澤 健二郎(2年)を出しすぐに二盗を仕掛けたが、吉田翔捕手に刺されてしまう。

粘る本庄第一を振り切りたい松山は8回、この回先頭の吉田兼が中前安打を放ち出塁すると、続く吉田翔がきっちりと送り1死二塁とする。ここで1番・志賀が左前安打を放ち1死一、三塁とチャンスを広げると、続く水村がセーフティースクイズを決めまず1点、さらに3番・渡辺も中前適時打を放ち9対5とする。

だが、本庄第一もその裏、1死から6番・中田が死球で出塁すると、続く脇田 蒼大(2年)のところで本庄第一ベンチはエンドランを仕掛ける。脇田は期待に応え左中間へ適時三塁打を放ちまず1点、続く代打・西方 航大(2年)の内野ゴロでさらに1点を加え再び2点差とする。

最終回松山は、この回からマウンドに上がり制球に苦しむ本庄第一の3番手・左腕の金澤 樟也(3年)の代わり端を攻め、1死から5番・赤川が四球を選び出塁すると、続く栗原が左前安打を放ち1死一、二塁とする。さらに7番・田中 優希(3年)も四球を選び1死満塁とチャンスを広げる。

本庄第一はたまらず4番手にアンダーハンドの染野 謙心投手(3年)をマウンドに送るが、松山は2死後、9番・吉田翔の押し出し死球と続く志賀の押し出し四球で11対7とする。

それでも本庄第一はその裏、代打攻勢に出る。1死から代打・向田 琥大(3年)が中前安打を放ち出塁すると、2死後、代打・長谷川 翔生(3年)も中前安打を放ち2死一、二塁とする。ここで続く阿部が三塁線を破る適時二塁打を放ちまず1点、6番・中田の一塁へのハーフライナーを一塁手が取れず適時打となるなど、2点を返すが後続が倒れ万事休す。

結局、松山が11対9で粘る本庄第一を振り切り、県大会出場を決めた。

本庄第一の田中監督は「5回の5失点が大きかった。初回に逆転したが4点目を取れず1点を返されバタついた。鶴見は悪くはなかったんですがキャッチャーが。メンバーは秋以降2年生が増え内野は入れ替わっている。守りをやり直さないと。後は秋1番をつけていた森下などが戻ってくれば」と、夏までに守備の整備が必須だが、2年生が多いチームだけに伸び代も多く勢いに乗れば面白い存在となるであろう。

一方の松山の天野監督は「水村がよく投げてくれた。水村は誰よりも早くグラウンドに出てくる選手なので信頼がある。栗原は県大会までにもう1回作り直していきたい。相手の投手はイメージしていたよりもスライダーがキレていた。赤川がよく頑張ってくれて大事な場面で一本打ってくれて流れに繋がった。彼ら(吉田ツインズ)は軟式の出身なんですが、春先,ケガ人が多すぎて4月の練習試合で使ってみたら力があるのでレギュラーで使っている。1年春からスタメンで出るのは金子章太郎や清水以来。苦しい試合を物にできたので。県大会へまずは捕れる球をきっちり捕ること」と振り返った。この日は1回途中から最後まで投げ切った水村や2年生の赤川、そして吉田ツインズの存在が大きい。遊撃が守れ1年生ながら鋭い打球を飛ばす吉田兼と既に違和感なく正捕手の座に収まる吉田翔。捕逸もなく落ち着いたリードを見せていた。県大会で彼らがどこまで伸びるのか今から楽しみだ。

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【一覧】全国各地区春季大会組み合わせ
【一覧】埼玉県高校野球4地区選抜チーム 選抜選手
【一覧】2024年 高校生ドラフト候補リスト
春日部共栄・本多利治監督が今年度で退任、「明るく楽しく元気よく」埼玉の勢力地図を塗り替えた名将

 

この記事の執筆者: 南 英博

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】