<春季関東地区高校野球大会:浦和学院4-2桐蔭学園>◇22日◇2回戦◇栃木県総合運動公園

 浦和学院(埼玉)が桐蔭学園(神奈川)を4対2で下し初戦突破。ベスト8進出を果たした。

 0対0で迎えた6回裏、浦和学院は9番・大内 碧真内野手(3年)のソロ本塁打で先制すると、4番・鍋倉 和弘内野手(3年)、代打・高山 維月捕手(3年)が適時打を放つなど打線が繋がった。7回にも3番・金田 優太内野手(3年)の適時打で1点を加え、逃げ切った。

 投げては背番号10の右腕・浅田 康成投手(3年)が130キロ後半の直球を軸に桐蔭学園打線を8回まで無失点と快投。9回に2失点を喫するも、なんとか後続を経ち完投勝利を果たした。

 浦和学院は準々決勝で明秀日立(茨城)と対戦する。