1回裏、先制の適時打を放った4番・石川 ケニー(3年=明秀日立)

 <春季関東地区高校野球大会:明秀日立8-1銚子商(8回コールド)>◇22日◇2回戦◇栃木県総合運動公園

 センバツ出場の明秀日立(茨城)が銚子商(千葉)を8回コールドで下しベスト8入りを果たした。

 初回、4番・石川 ケニー投手(3年)、7番・鎌田 剛内野手(3年)の適時打で先制。銚子商も2回表に8番・飯島 聖矢投手(3年)がスクイズを決め1対2とするも、明秀日立は4回、7回、8回に追加点を重ね、流れを渡さなかった。

 投手陣は石川、猪俣 駿太投手(3年)の継投で逃げ切った。

 準々決勝は同球場の第2試合、浦和学院(埼玉)ー桐蔭学園(神奈川)の勝者と対戦する。