昨年のセンバツでベスト8に入った福岡大大濠を今春卒業した選手が、続々と強豪大学で新たなステージに挑戦することになった。

 エースの毛利 海大投手は明治大、バッテリーを組んだ川上 陸斗捕手は法政大へと、バッテリーがともに東京六大学へ進むことになった。

 二塁手だった古川 秀弥内野手は中京大では投手登録として挑戦する。強打者だった松尾 光氣外野手は関西大へ。永井 大斗外野手は中央大に進む。

 東京六大学2人、東都1人、関西学生1人、愛知大学1人と強豪リーグへ進むことになった。チームを陰で支える「学生コーチ」という立場だった川本 康平主将は國學院大へ進み、学生コーチ登録となっている。

 卒業後の活躍も期待したい。