2022年の選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)が、いよいよ18日に開幕を迎える。1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は熊本。今年のセンバツ出場はなかった。昨年秋の県大会で優勝した秀岳館、準優勝の熊本工はともに九州大会で初戦敗退を喫した。

 過去、熊本でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<熊本センバツ出場回数上位ランキング>
(複数回出場校のみ)
1位 熊本工  21回
2位 九州学院 6回
3位 済々黌  4回
3位 熊本商  4回
5位 秀岳館  3回
5位 鎮西   3回
5位 城北   3回

 熊本県勢のセンバツ初出場は、第3回(1926年)大会の熊本商。県内ダントツの熊本工のセンバツ初出場は第10回(1933年)大会で、21回の出場を誇っている。

<熊本21世紀枠出場校と結果>
2019年 熊本西

 熊本県勢の21世紀枠での出場は熊本西の1校だけ。部員全員が地元中学出身で、熊本地震による避難生活を送りながらボランティア活動したことなどが評価されて選出され、初戦は智辯和歌山(和歌山)相手に2対13で敗れた。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 熊本工  16勝(4強4回、8強4回)
2位 済々黌  8勝(優勝1回、8強1回)
3位 秀岳館  6勝(4強2回)
4位 熊本商  5勝(4強1回、8強2回)
4位 九州学院 5勝

 熊本県勢のセンバツ初勝利は、熊本県勢初出場の熊本商 がマーク。第3回(1926年)大会初戦で愛知一中(現・旭丘=愛知)に4対0で勝利した。この大会でその後、ベスト4に進んでいる。熊本県勢の最高成績は優勝で、第30回(1958年)大会で済々黌が達成した。

第30回大会=済々黌
1回戦:3-0 清水東(静岡)
2回戦:4-0 新潟商(新潟)
準々決勝:7-5 早稲田実業(東京)
準決勝:3-1 熊本工(熊本)
決勝:7-1 中京商(現・中京大中京=愛知)

 3度目の出場で済々黌が頂点まで上り詰めた。エース左腕の城戸 博投手を擁し、準々決勝では王 貞治投手(現・ソフトバンク球団会長)擁する早稲田実業に逆転勝ち。4強に進むと、同じ熊本県勢の古豪・熊本工との「熊本ダービー」にも勝利して、そのまま優勝。済々黌の快挙は九州勢初のセンバツ優勝でもあった。出場回数、センバツ勝利数は県内ダントツの強さを誇る熊本工だが、春夏甲子園での優勝はなく、センバツでは準決勝には4度進出も、決勝進出は1度もない。

 熊本県勢のセンバツの通算成績は41勝46敗。都道府県別勝利数ランキングは栃木と並んで21位タイ。近年では 秀岳館が第88回(2016年)大会から2年連続4強に進んで以来、熊本県勢のセンバツ勝利はない。