トーナメント表
徳島商、徳島科学技術などが属するブロック
阿南光、池田などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 徳島県高野連は19日、第75回徳島県高校野球春季大会の組み合わせを発表した。

 開幕は3月20日。27校が参加してトーナメントが行われる。秋準優勝の徳島商、秋3位の阿南光、秋4位の池田、秋ベスト8・徳島科学技術がシードされ、すべて2回戦からの登場となる。

 昨秋の四国大会ベスト4の徳島商は、阿南高専と連合チームの勝者と対戦。昨夏甲子園出場を果たし、大型左腕・森山 暁生投手(2年)擁する阿南光は21世紀枠県連盟推薦校で、昨秋8強だった徳島市立脇町の勝者と対戦する。池田は、吉野川鳴門渦潮の勝者と対戦と、こちらも注目のカードだ。鳴門渦潮は昨秋、2回戦で池田と6対7の1点差ゲームを演じているのも見逃せない。

 そして、徳島科学技術は、昨夏準優勝の生光学園と、昨秋徳島市立と接戦を演じている川島の勝者と対戦と大会序盤から見どころのあるカードが多い。

 準決勝は4月2日、決勝が3日。優勝校がセンバツ出場の鳴門と対戦するチャレンジマッチは9日に予定されている。

 なお、先日センバツで導入されることが決まった継続試合について、徳島県高野連はこの春季大会で「高校野球特別規則に則り、継続試合を導入する」ことを決定した。また、現時点では一般観客入場可での開催を目指すが、新型コロナ感染拡大状況によって制限することも視野に入れる。

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 徳島県高等学校野球春季大会

■3月20日の試合

第75回 徳島県高等学校野球春季大会

第75回 徳島県高等学校野球春季大会
1回戦 阿南高専 10  -  0    阿波西・穴吹・城ノ内 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場) 応援メッセージ
小松島    7  -  3    小松島西 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場) 応援メッセージ
徳島市立 17  -  6    脇町 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場) 応援メッセージ