2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が決定した。今年の高校野球界がこのセンバツからスタートすることになる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は茨城。今年は明秀日立が4年ぶり2度目のセンバツ出場を果たす。昨年の秋は県大会で優勝。関東大会も自慢の打撃を生かして初優勝を飾った。センバツでも攻撃力を生かしての快進撃が期待される。

 過去、茨城でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<茨城センバツ出場回数上位ランキング>
(複数回出場校のみ)
1位 常総学院 10回
2位 水戸商  4回
3位 日立工  2回
3位 藤代   2回
3位 土浦日大 2回
3位 取手二  2回
3位 明秀日立 2回

 茨城県勢のセンバツ初出場は第44回(1972年)大会の取手一。山形に次ぐ遅い初出場だった。出場回数トップの常総学院の初出場は第59回(1987年)大会で、取手二で夏甲子園を優勝に導いた木内幸男氏が監督として登場した。のちに日本ハムに入団する島田 直也投手がいた。以後、茨城のセンバツ出場では常総学院が圧勝している。

<茨城21世紀枠出場校と結果>
2019年 石岡一

 茨城県勢の21世紀枠出場は石岡一のみ。前身が農学校で、部員の約4割が実習の多い園芸科などで学び、全員がそろって練習できないなか、県4強に進んだことが評価された。初戦で盛岡大附(岩手)に延長11回の激闘の末に2対3で初戦敗退した。エース岩本 大地投手が強打を誇る相手打線から11三振を奪う力投だったが、1死満塁からの投ゴロを本塁へ悪送球する痛恨のミスでサヨナラ負けした。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。

1位 常総学院  14勝(優勝1回、準優勝1回、8強1回)
2位 水戸商   5勝(準優勝1回)
3位 取手二   2勝(8強1回)
3位 日立工   2勝(8強1回)
3位 藤代    2勝
3位 明秀日立 2勝

 茨城県勢のセンバツ初勝利は、第46回(1974年)大会の土浦日大新居浜商(愛媛)に3対1で勝利した。2回戦で報徳学園(兵庫)に1点差で敗れたが、エース工藤 一彦投手は大会No.1右腕と呼ばれ、のちにドラフト2位で阪神入りした。

 最高成績は常総学院の県勢初優勝。3年ぶり5度目の出場だった第73回(2001年)大会で、タレント選手がいない全員野球を披露。初戦で0-7から逆転勝ちして勢い付き、準決勝では延長10回サヨナラ勝ちを収めるなど、劇的勝利を重ねて初優勝をつかんだ。

第73回大会=常総学院
2回戦:8-7 南部(和歌山)
3回戦:4-1 金沢(石川)
準々決勝:4-2 東福岡(福岡)
準決勝:2-1 関西創価(大阪)=延長10回
決勝:7-6 仙台育英(宮城)

 第66回(1994年)大会に常総学院、第71回(1999年)大会には水戸商が決勝に進むも、94年は智辯和歌山(和歌山)に敗れ、99年は沖縄尚学(沖縄)に敗れて準優勝。県勢三度目の正直でようやくつかんだ優勝旗でもあった。常総学院が優勝したこの大会には茨城県から3チームが出場していた。前年の秋季関東大会では常総学院が決勝で水戸商を破って優勝。藤代も4強に進むなど、県全体のレベルも高かった。 

 茨城県勢のセンバツの通算成績は29勝32敗。都道府県別勝利数ランキングは沖縄と並んで27位タイ。最近は上位成績から遠ざかっており、8強も第87回(2015年)大会の常総学院が最後。2018年に初出場して2勝した明秀日立が、2度目の出場でどこまで勝ち上がるかに注目される。