目次
第94回センバツ出場32校一覧
第94回センバツ出場校候補一覧
第94回センバツ注目選手一覧

 3月18日開幕の第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が28日の選考委員会で決定した。

 中国・四国からは以下のチームが選出された。(カッコ内は昨年秋の地区大会成績・各県成績)

 中国=広陵(優勝・広島3位)
    広島商(準優勝・広島1位)
    倉敷工(4強・岡山1位)
 四国=高知(優勝・高知2位)
    鳴門(準優勝・徳島1位)

 昨年秋の地区大会で決勝に進んだ中国、四国の4校は順当に選出され、注目の「5校目」には、倉敷工が選出された。

 倉敷工明徳義塾の一騎打ちだった。昨年秋の戦いを見る限り、選考委員会の評価は「投手力は、ほぼ互角。攻撃面では倉敷工が勝り、守備力では明徳義塾が勝っていた」と両チームについて説明していたが、最後は「攻撃力が勝ること」「地域性を考慮」して、倉敷工の選出に至ったという。

 明徳義塾については、高知が四国大会で優勝して選出されていたことが影響していた。「地域性を考慮」して同県から2校の選出を避けた形となった。中国地区はすでに広島から2チームが成績から堂々と選出されており、中国も四国も同県2校出場は避けたかったのかもしれない。

 倉敷工の3番・福島 貫太外野手(2年)は中国大会3試合で13打数9安打、打率.692の驚異的数字を残すなど、チーム打率も.340。3試合で21得点を挙げた攻撃力が倉敷工の「武器」だった。一方、明徳義塾の四国大会チーム打率は.197に低迷していた。

 攻撃力が評価された倉敷工。センバツでバットから快音が響くことを期待したい。

地区学校名出場回数勝ち上がり選手名鑑
北海道クラーク記念国際初出場トーナメント表選手名鑑
岩手花巻東4年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
福島聖光学院4年ぶり6回目トーナメント表選手名鑑
茨城明秀日立4年ぶり2回目トーナメント表選手名鑑
山梨山梨学院2年ぶり5回目トーナメント表選手名鑑
埼玉浦和学院7年ぶり11回目トーナメント表選手名鑑
千葉木更津総合6年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
東京國學院久我山11年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
東京二松学舎大附7年ぶり6回目トーナメント表選手名鑑
静岡日大三島38年ぶり2回目トーナメント表選手名鑑
岐阜大垣日大11年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
福井敦賀気比2年連続9回目トーナメント表選手名鑑
石川星稜2年ぶり15回目トーナメント表選手名鑑
大阪大阪桐蔭3年連続13回目トーナメント表選手名鑑
和歌山和歌山東初出場トーナメント表選手名鑑
奈良天理3年連続26回目トーナメント表選手名鑑
大阪金光大阪13年ぶり3回目トーナメント表選手名鑑
京都京都国際2年連続2回目トーナメント表選手名鑑
和歌山市立和歌山2年連続8回目トーナメント表選手名鑑
兵庫東洋大姫路14年ぶり8回目トーナメント表選手名鑑
広島広陵3年ぶり25回目トーナメント表選手名鑑
広島広島商20年ぶり22回目トーナメント表選手名鑑
高知高知4年ぶり19回目トーナメント表選手名鑑
徳島鳴門9年ぶり9回目トーナメント表選手名鑑
岡山倉敷工13年ぶり11回目トーナメント表選手名鑑
福岡九州国際大付11年ぶり3回目トーナメント表選手名鑑
鹿児島大島8年ぶり2回目トーナメント表選手名鑑
佐賀有田工初出場トーナメント表選手名鑑
長崎長崎日大23年ぶり3回目トーナメント表選手名鑑
福島只見初出場トーナメント表選手名鑑
福井丹生初出場トーナメント表選手名鑑
大分大分舞鶴初出場トーナメント表選手名鑑