毎年、レベルが高い投手が入部し、投手王国になりつつある日体大。今回は合格した野手も素晴らしいことも併せて伝えたい。

 今回、特徴的なのは主将経験、リーダーシップを取れる選手が多く入ってきていることだ。まず捕手だと、コッシーオ アダムカツ日体大柏)はその1人だ。長身の体型に、日体大柏首脳陣は遊撃手をやらせたい思いがあったが、本人の希望で捕手に。捕手というポジションが一番頭を使うポジションだから、やりがいを感じているようだ。人柄もよく、周りから信頼をされている選手だと聞く。細身ではあるが、パワーもあり、楽しみな選手だ。

 常総学院の捕手・田邊 広大もキャプテンシーの高さを評価されている。元NPBの投手として活躍した島田直也監督に厳しい要求を受けながらもくらいついて、しっかりとチームをまとめ上げ、島田監督も「いつも厳しいことを指摘していますが、よくやってくれている」と評価をしていた。センバツ後から打撃面の成長が著しく、長打を量産。スローイングタイム1.8秒台を計測する強肩も魅力だ。

 センバツで選手宣誓を務めた島貫 丞仙台育英)も受け答えを見ても、利発でひときわ大人な一面を持った選手だ。実際、対面とリモートでも取材したことのあるスタッフからも、他の学校の選手たちと比較しても、島貫は1つ1つの質問に対する受け答えがしっかりしていたと振り返る。クレバーでありながら発言力もあり、大所帯の仙台育英をまとめる立場になったこともうなずける人間力の持ち主だ。

 延末 勧太安達 大和横浜コンビは主力だけではなく、主将としてもチームを牽引。いわゆる幹部として復活を目指す横浜を支えていた。そして門馬敬治監督の次男・功もセンバツで途中から代理主将を務めたほどの人物。

 強豪校の主将クラスが続々と集まっているのだ。合格者を見て分かるのは、この代から本気で日本一を狙う気概がひしひしと感じられる。これまでも、日体大は攻守で優秀な選手が入っていた。学生スポーツで、チームのために動ける野手は多いほうがまとまりやすい。

 どんなチームづくりをしていくか楽しみだ。