東京六大学の名門・法政大学。今年はエース・三浦 銀二投手(福岡大大濠出身)が横浜DeNAから4位指名を受け、スラッガー・岡田 悠希外野手(龍谷大平安出身)は巨人から5位指名を受けた。この2人を合わせて計10名が硬式野球継続となっており、推薦組の需要の高さが凄い。今回も選り抜きの逸材が決まった。

 宇山 翼投手(日大三)は2年秋の都大会で準優勝に貢献した左の技巧派。130キロ前半の速球、縦に鋭く落ちる変化球を武器に三振を多く取る技巧派左腕だ。永野 司投手(倉敷商)は2年夏に交流試合、3年夏も甲子園で登板を経験。130キロ中盤の速球、切れのあるスライダーで投球を組み立てを行う技巧派だ。

 野崎 慎裕投手(県立岐阜商)は2年夏に交流戦、3年春夏を甲子園を経験した左腕。140キロ前後の速球、切れ味鋭いスライダー、チェンジアップを駆使して翻弄する。東海地区を代表する左腕だ。

 藤森 粋七丞(いきなすけ)投手(青森山田)は中学時代、U-15代表入りしていた速球派右腕。好調時は140キロ中盤の速球で押す。船木 佑(たすく)投手(米子東)は昨秋、中国大会4強を経験。コントロールの良さが売りの技巧派右腕だ。例年、全国的に見てもトップクラスの速球投手が入学する傾向にあるが、今年はテクニックで勝負する投手が入学した。

 捕手では、川上 陸斗捕手(福岡大大濠)は全国トップクラス。確実性の高いスローイングで走者を刺し、完成度の高い打撃から次々と長打を量産する。菅野 樹紀捕手(土浦日大)は高校通算10本塁打程度だが、飛距離、肩の強さ、身体能力は全国トップクラスの大型捕手だ。

 内野手を見ていくと、全国レベルの選手が多い。石黒 和弥内野手(高岡商)は1年夏から甲子園を経験し、高校通算30本塁打を超える長打力を誇る右の遊撃手だ。品川 侑生内野手(三重)も高校通算29本塁打の長打力を武器とする強打の遊撃手で、夏の甲子園でも快打を連発した。

 浜岡 陸内野手(花咲徳栄)は1年秋からレギュラーとなり、フットワークが軽快な守備と巧打を持ち味とするショートストップだ。松下 歩叶内野手(桐蔭学園)は、神奈川を代表する大型遊撃手として注目され、コンパクトながら強烈な打球を飛ばすことができる。

 山下 陽輔内野手(智辯学園)は法政大どころか、大学進学する高校生右打者ではピカイチの打撃技術、選球眼の高さを持ち合わせた大型三塁手。キャプテンシーも高く評価されており、早くからの試合出場機会を期待したい。

 最後に外野手である池田 惟音外野手(静岡)は、名門・静岡の4番に座った左の強打者。ポテンシャルも高く期待のスラッガー候補。内山 陽斗外野手(天理)も名門校で鍛えられた完成度の高い打撃フォームから広角に鋭い打球を飛ばす。宮原 一綺外野手(常総学院)もしなやかなスイングで安打を量産する大型外野手だ。

 投手はテクニック型、打者はスラッガー、好打者揃いで、選り抜きのエリートが揃った法政大。1年目からどんな活躍を見せるか楽しみだ。