甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に甲子園初出場を果たした、京都翔英の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 瀧野 雅太 3年(東京国際大)
投手 高向 遼平 3年(和歌山大)
投手 平垣内 敦也 3年(摂南大)
捕手 石原 彪 3年(東北楽天)2016年8位
内野手 阿部 大弥 2年(亜細亜大)
内野手 森元 啓雄 3年(帝京大)
内野手 川本 万葉 2年(青森大)
外野手 新田 大輔 2年(京都先端科学大)
外野手 山本 祐大 3年(BC滋賀-横浜DeNA)2017年9位

 1年夏から4番を務めた石原 彪は2016年のドラフトで東北楽天に8位指名を受け入団した。今年はプロ5年目を迎え1軍昇格を目指す。

 山本 祐大は中学まで捕手としてプレー。石原の存在にようり高校では外野手へ転向し、石原とともにクリーンナップを打った。高校卒業後は滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(現・オセアン滋賀ブラックス)へ入団し捕手に再挑戦した。翌2017年のドラフトで横浜DeNAに9位指名を受け高卒1年目でのドラフト指名を勝ち取った初めての選手となった。

 1番・遊撃手を務めた阿部 大弥は亜細亜大へ進学すると1年春からリーグ戦に出場し本塁打も記録した。

 プロ入りを果たした石原、山本を中心に今後の活躍にも目が離せない。

(記事:編集部)