【トーナメント表】春季近畿地区大会の勝ち上がり

投手編はこちらから!
【選手名鑑】140キロ超え投手多数!近畿大会準決勝の注目投手たち

 29日に開催される春季近畿地区大会準決勝。30日の決勝戦進出をかけて熱い試合が繰り広げられることになるが、今回は準決勝に挑む4チームの注目バッターたちをそれぞれ紹介していきたい。高校通算40本越えのスラッガーから、U15主将など実力ある選手を今回はピックアップした。この選手たちが試合の中でどういったバッティングを見せてくれるのか楽しみにしたい。

池田 陵真大阪桐蔭
中学時代はU15日本代表で主将。バッティングの完成度は世代トップクラスの実力を持った強打者。

花田 旭大阪桐蔭
池田 陵真と同じU15代表経験者。高校通算9本塁打ではあるが、春の大会から4番に座り打線を牽引するスラッガー。

徳丸 天晴智辯和歌山
高校通算42本塁打まで積み重ねているプロ注目のスラッガー。小学生の時には阪神タイガースジュニアに選ばれる実力があり、智辯和歌山入学してまもなく4番として公式戦に出場しており、経験も豊富。

髙嶋 奨哉智辯和歌山
高嶋仁名誉監督の孫で、今春の県大会決勝・市立和歌山戦では、小園 健太からホームランを放った強打者。

武田 侑大京都国際
昨秋はケガの影響でベンチ外だったが、今春からショートのスタメンに定着。ポテンシャルの高さがあり、チーム屈指の長打力持つバッター。

中川 勇斗京都国際
選抜でも見せた勝負強いバッティングが光る好打者。キャッチャーとしても地肩の強さを活かして、二塁送球1.8~1.9秒台を叩き出す強肩強打の捕手。

前川 右京智辯学園
鋭いスイングで快音を連発させる高校通算35本塁打まで積み上げている世代屈指のスラッガー。

山下 陽輔智辯学園
中学時代はシニア日本代表に選出。プロ注目打者・前川 右京に負けない打撃技術を持ち合わせる、智辯学園が誇る右の強打者。

◇5月29日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会
準決勝 大阪桐蔭    3  -  2    智辯和歌山 皇子山球場
智辯学園    4  -  2    京都国際 皇子山球場

■結果詳細・応援メッセージ
令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会