昨年プロ初安打の広島・林晃汰選手など智辯和歌山経由から3人プロ入りの紀州ボーイズOBが見逃せない!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.13

林 晃汰(智辯和歌山出身―広島東洋カープ)

 昨年、プロ初安打を記録して将来の4番候補として期待される広島東洋カープの林 晃汰選手(智辯和歌山出身)。プロ1年目から主に二軍の4番に座り7本塁打をマークすると、2年目の昨シーズンは一時はリーグトップの本塁打数をマークするなど、ここまで順調にステップアップを重ねている。

 そんな林選手は、中学時代は地元・和歌山県の強豪・紀州ボーイズでプレー。2年春と3年夏に全国大会に出場するなど、当時から強打者として活躍した。

 実は紀州ボーイズは、林選手以外にも近年プロ野球選手を輩出している。

 林選手がドラフト指名を受けた同じ2018年は、東妻 勇輔投手(智辯和歌山ー日本体育大)も千葉ロッテマリーンズからドラフト2位指名を受けた。さらに翌年の2019年、その弟である東妻 純平選手(智辯和歌山出身)も横浜DeNAベイスターズにドラフト4位指名を受けて2年連続でのプロ野球選手輩出となった。

 またプロに進んだ選手以外にも、甲子園で活躍を見せた選手は多くいる。

 東妻 純平選手と共に智辯和歌山で活躍した根来 塁選手は國學院大で奮闘中で、その二人と同期である山崎 晃太郎選手も市立和歌山から甲子園出場を果たした。

 さらにその一つ下の学年にも、智辯和歌山の主力として活躍した綾原 創太選手(創価大進学予定)がOBにおり、今後はどんな選手が活躍を見せるのか注目していきたい。

(記事:栗崎 祐太郎)

【関連記事】
ここまではできて欲しい!元プロ・日体大コーチの語る基礎・基本とは? 【ニュース - コラム】
第8回 「長距離走は必要?」元プロ日体大コーチが語る投手の基礎体力の重要性と練習メニュー vol.2【技術ノート 投手編】
戸郷、根尾ら52人が新成人!プロ野球、今年の新成人選手一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 松本航、東妻勇輔ら3年間で4人の大卒プロ投手を輩出した投手王国・日体大が実践する投手トレーニング vol1【技術ノート 投手編】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
紀州由良リトルシニアvs紀州ボーイズ【第14回タイガースカップ2018】
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
東妻 勇輔(智辯和歌山) 【選手名鑑】
根来 塁(智辯和歌山) 【選手名鑑】
林 晃汰(智辯和歌山) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
ロッテのドラフト下位指名選手が侮れない。平井、福浦、角中…3人の首位打者、ローテーション投手を次々輩出
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る