3割打者目前の楽天・黒川史陽(智辯和歌山出身)!広島・木下元秀(敦賀気比出身)は規定未満でもリーグ4位の7本塁打!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.27

木下元秀(敦賀気比―広島東洋)

 プロ野球ドラフト会議も終わり、今シーズンも残すところあとわずか。ファームでは中止による再試合は行われないため、11月1日をもって公式戦が終了し、7日のファーム日本選手権が最後の試合となる。本連載では、高卒新人たちのファーム成績を追いかけ、その成長を分析する。第19回では、野手たちを見ていこう。

規定打席未到達でも木下元秀、川野涼多が好成績


 10月25日終了時点で、ファームの規定打席に到達している高卒新人野手は9人。11日終了時点では達していなかった横浜DeNAの森 敬斗桐蔭学園)が、再び名を連ねた。下記グラフは、9人のOPSを長打率、出塁率の2軸で可視化したものだ。


 OPS.8に迫る勢いだった中日の石川 昂弥東邦)が、ここにきてやや数字を落とし、OPS.754としている。打率.278も微減で首位の小園 海斗(.306)と少し差があるが、残り数試合でラストスパートを見せればタイトル獲りも可能な位置につけている。

 石川に次ぐOPS.734をマークしている東北楽天の黒川 史陽智辯和歌山)は、長打率、出塁率とも微増で、打率3割に迫る(.294)。イースタン・リーグ7位と、首位打者は厳しい位置にいるものの、1年目からファームで3割打てれば上出来。なんとかそこに乗せたいところだ。

 14日の試合で一軍デビュー、16日の試合で初安打を放った阪神の井上 広大履正社)はファームでの出場機会が減り、トップに立っていた本塁打・打点で3位に後退してしまった。一軍での経験を糧に、ラストスパートを見せることができるか。一つの目安として、OPS.7に乗せておきたいところだ。

 中日の岡林 勇希菰野)は、ここにきて長打率を3分ほど上げ、それに伴いOPSも上昇。本塁打はないものの二塁打、三塁打を増やしており、何かを掴んだのかもしれない。シーズン序盤から見せていた確実性に、長打力を身に付けることができれば、ベテランの多い一軍レギュラー争いに食い込んでくる可能性もある。

 東京ヤクルトの武岡 龍世八戸学院光星)、長岡 秀樹八千代松陰)は、23日に揃って一軍昇格を果たした。これが初の一軍となった長岡はここまで初安打は出ていないものの、まず1本打って、残りのシーズンを一軍で過ごしたいところだ。ファームではともにOPS.6前後の着地となりそうで、まずまずの1年だったと言えるだろう。

 二遊間を守るオリックスの紅林 弘太郎駿河総合)、横浜DeNAの森 敬斗桐蔭学園)、広島東洋の韮沢 雄也花咲徳栄)の3人は、OPS.55前後となりそうだ。紅林、森は安打数/三振数が約80%なのに対し、韮澤は約155%と、2人に比べて三振の割合が非常に少ないのが特徴的だ。3人の打率は.220前後とほぼかわらないが、バットに当てる技術においては韮澤が一つ抜けている数字と言える。

 上記9人は今シーズン、200打席以上に立つなど、攻守で一定の経験を積むことができた選手たちだ。育成(特に野手)において、何より大事な経験を積むことができたのは、来季の飛躍へ向けた大きな材料となるだろう。

 しかし、規定打席に届かずとも広島東洋の木下 元秀敦賀気比)は、井上に次ぐリーグ4位の7本塁打を放つなど、長打力を発揮した。埼玉西武の川野 涼多九州学院)はOPS.682と、こちらもまずまずの数字だ。

 ファームの公式戦も残り1週間ほど。最後の最後に飛躍のきっかけをつかむ選手が出てくるのか。はたまた一軍で輝きを放つ選手はいるのか。最後まで注目していきたい。

※成績は全て10月25日終了時点

データ協力: やきうのおじさん(@yakiunoojisan
Twitterで野球の分析を行う。本記事のデータはすべて日本野球機構(NPB)のオープンデータを使用。

(記事:林 龍也)


関連記事
生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」
超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?
153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)をドラ1位候補に押し上げたターニングポイントは大阪桐蔭戦

【関連記事】
優勝回数は福井県勢が6度で最多!直近10年での秋の北信越大会の成績を振り返る 春江工や地球環境の躍進も 【ニュース - 高校野球関連】
敦賀気比が土壇場から同点に追いつき、1番東 鉄心のサヨナラ安打で5年ぶりの決勝進出! 【ニュース - 高校野球関連】
敦賀気比vs新潟明訓【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
木下 元秀(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)が語る「活躍できる奴の考え方」vol.2
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る