ノーヒットノーラン達成!! 復活を果たした小川泰弘の高校最後の夏を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.24

小川泰弘(成章出身)※写真は2016年

 15日のDeNA戦で史上82人目となるノーヒットノーランを達成するなど、今シーズンは23日時点で9試合に先発し5勝を挙げ、防御率3.43の好成績で開幕から唯一ローテーションを守るなど投手陣の柱としてチームを支えている東京ヤクルトスワローズの小川 泰弘。昨年は12敗を喫するなど不振に苦しんでいたが、今シーズンは見事に復活した小川の高校最後の夏を振り返りたい。

小川 泰弘 (成章・2008年)
選手権東愛知大会
2回戦 5対4 知立
3回戦 9対1 武豊
4回戦 5対1 碧南
準々決勝 2対1 杜若
準決勝  6対5 岡崎城西
決勝   1対3 大府

 春の選抜高校野球に21世紀枠として出場すると、巧みな投球術を武器に、初戦の駒大岩見沢相手に見事2失点完投勝利を収め、成章の甲子園初勝利を挙げると、2回戦では京都の名門・平安にもひるまず敗れはしたものの3失点完投で公立高校ながらも躍進を見せた。

 そして春夏連続での甲子園を目指した東愛知大会では初戦の知立東との試合で延長までもつれる厳しい試合に何とか勝利するとその後は勢いにのり、順調に勝ち進む。小川も準々決勝の杜若との試合で1失点完投勝利を収めるなどチームに貢献していた。しかし、迎えた決勝では大府戦に先発するも11安打を浴びるなど3失点を喫し、チームを甲子園に導くことが出来ず小川の高校最後の夏は終わった。

 その後、進学した創価大学ではエースとして活躍し、東京新大学リーグ通算で36勝を挙げ、MVPにも5度選出されるなど輝かしい実績を残し、2012年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに2位指名を受け、プロ入りを果たした。

【関連記事】
至学館vs成章【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
伝統の公立の雄対決の行方は?熱戦となった2試合を徹底レポート【秋季愛知県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
成章vs大府【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
ヤクルトは高卒生え抜きの先発は高橋奎二ただ一人。奥川、寺島、市川に期待! 【ニュース - 高校野球関連】
国府vs成章【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
京都成章vs京都両洋【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
成章vs蒲郡【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」 【2016年インタビュー】
第367回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【前編】「長丁場のペナントレースでも力を発揮し続けるには」 【2016年インタビュー】
第272回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘投手 「小さな投手が第一線で活躍するために必要なこと」 【2015年インタビュー】
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】
成章 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
万波 中正(横浜)などがプロ志望届を提出!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る