プロ入り初完封の種市篤暉(千葉ロッテマリーンズ)の最後の夏

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.26

高校時代の種市篤暉

 高卒4年目ながら若きエースの風格が漂う種市 篤暉

 140キロ後半の速球と、鋭く落ちるフォークを武器に昨シーズンは今季開幕投手のエース石川歩(滑川出身)とならぶチーム最多の8勝をマークし、今シーズンもここまで3勝。防御率2.20、3位の38奪三振はリーグ2位の好成績だ。今回はその種市の高校最後の夏を振り返りたい。

▼種市篤輝 (八戸工大一・2016年)
2回戦 12対2 八戸
3回戦 7対1 五所川原商
4回戦 4対2 三沢
準々決勝 3対4 大湊

 一学年下の古屋敷 匠真(現・法政大)とともに投手としてチームを引っ張る存在だった。

 春季大会では3位決定戦の五所川原工戦に勝利し、東北大会へ進出。東北大会では、初戦で岩手の強豪・盛岡大附との一戦にも登板し、勝利に貢献した。その後、チームは東北大会2勝をあげ、ベスト8の成績を残した。

 迎えた夏の大会で、種市は2回戦の八戸戦、4回戦の三沢高校戦で登板。好投したものの、準々決勝の大湊戦は登板することなく敗れた。

 2016年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6位指名を受け入団。

 1年目は登板がなかったものの経験を積み、3年目となった昨シーズンは序盤にプロ初勝利をマークすると、そこから活躍を続け、規定投球回には達しなかったものの、チームトップの8勝をマークするだけでなく、日本人トップタイの23イニング連続奪三振をマークするなど高い奪三振能力を発揮し、エースの片りんを見せつけた。

 今年は同じく下位指名での入団の二木 康太鹿児島情報出身)らと新エースの座を争う。大きな可能性を秘めた21歳の新鋭の今シーズンの大ブレイクに期待が高まる。

【関連記事】
2年生エース・小島と安楽が対戦!2013年の選抜決勝戦を戦った浦和学院と済美ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
【5月5日回顧録】横山陸人(専大松戸)の快投で関東大会出場を呼び込む! 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第49回 八戸学院光星と青森山田が競いながら全体のレベル向上【青森・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第110回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ編 「今年も高卒野手に敢然に立ち向かおう!」【ドラフト特集コラム】
第66回 2017年ドラフト先取り!【投手編】この1年でどれだけ本物の投手になれるのか?【ドラフト特集コラム】
東陵vs八戸工大一【2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会】
八戸工大一vs光南【2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会】
第285回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ)【後編】「守備の名手しか分からないプレッシャー」 【2015年インタビュー】
第284回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ) 【前編】「名手・小坂を生み出したバックグラウンド」 【2015年インタビュー】
第247回 バトルスタディーズ開幕記念! 今江 敏晃選手(千葉ロッテマリーンズ)×なきぼくろ先生【PL学園 先輩 後輩 対談】 【2015年インタビュー】
聖光学院vs八戸工大一【2013年春の大会 第60回(平成25年度春季)東北地区高等学校野球大会】
八戸工大一vs羽黒【2013年春の大会 第60回(平成25年度春季)東北地区高等学校野球大会】
弘前学院聖愛vs八戸工大一【青森県 2012年夏の大会 第94回選手権青森大会】
第98回 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手 【2012年インタビュー】
第71回 千葉ロッテマリーンズ 大嶺祐太選手 【2011年インタビュー】
八戸工大一 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が入学時に感じた自分が生きる道
次の記事:
東洋大姫路高校OBの原樹理と松葉貴大が2日連続勝利! 甲斐野央はまもなく実戦復帰
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る