開幕ローテへ“背水の陣” 高橋優貴(東海大菅生出身)は高校時代からの「弱さ」を克服できるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.03

3日の日本ハム戦に登板予定の高橋優貴(巨人)

 巨人は3日の日本ハムとのオープン戦で、2年目の高橋 優貴東海大菅生出身)が開幕ローテ入りに向けて先発マウンドに立つ予定だ。
 前回登板の2月23日の楽天戦では、4回無失点の投球を見せたが、球数が増えると球威が落ちる弱点も露呈して原監督からは苦言を呈された。

 先発として開幕ローテに残っていくため、28日の東京ドーム練習では140球の投げ込みを敢行するなど、万全の体制で登板を迎える。

 1日のヤクルト戦では、同期入団の戸郷 翔征聖心ウルスラ出身)が快投し、また鍬原、宮国、今村といった投手も2軍で入れ替えの機会を虎視眈々と伺っている。
 生き残りへ背水の陣で臨むことになるが、東海大菅生時代の恩師である若林弘泰監督は、以前に高橋のここ一番での弱さについて語っていた。

 「高校時代も惜しいところで負けてしまうところがありました。大事なところで勝てる投手になれることが彼の課題だと思います」

 高校時代からの課題を克服するには、絶好の舞台が整ったと言っていい。
 「ここ一番の弱さ」を克服し、そして開幕ローテを掴むため、高橋は札幌ドームのマウンドに立つ。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
高校の恩師が語る巨人ドラフト1位・高橋優貴(東海大菅生)が乗り越えるべき課題
逸材豊富!2014年の東京を盛り上げた選手がプロで輝きを放つ!
今後多くの逸材輩出が期待できる東海大菅生のつながり!

【関連記事】
紅白戦で猛アピールの巨人・山下航汰(健大高崎出身) 打撃の基礎を作ったのは羽曳野ボーイズ時代 【ニュース - 高校野球関連】
石川、井上に負けない魅力を持ったスラッガー・菊田拡和(常総学院出身)は巨人ファンの星になれるか 【ニュース - 高校野球関連】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!【東京の高校野球】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大菅生vs多摩大目黒【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大相模vs東海大菅生【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
高橋 優貴(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
野球のルールを整備するのは「選手」ではなく「大人」!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る