山本由伸(オリックス)がシート打撃で最速154キロ!格の違いを見せつける!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.19

ピッチング練習に臨む山本由伸(オリックス)

 昨年、最優秀防御率を受賞した山本 由伸(オリックス 都城出身)が順調に状態を挙げている。17日、シート打撃で、強打者・アダム・ジョーンズが全球を見逃したことで話題に。しかしそれよりも山本の仕上がりの良さは段違い。昨年は11月中旬までプレミア12に出場。他の選手に比べて、休まる暇はないが、それでもオフの間もしっかりとメンテナンスをしながら、トレーニングをして追い込んできた姿がうかがえる。

 常時140キロ後半~154キロのストレートに加え、140キロ近いスライダー、スプリットといずれも精度が抜群だった。コントロールも内外角にしっかりと投げ分け、精度の高いボールをコーナーギリギリに投げられるため、打席に立った打者のほとんどが自分のスイングができなかった。これはオリックスの打者にとってもよい練習となるだろう。

 高卒4年目ながらしっかりと自覚をもって調整をしていく姿に頼もしさを感じる。今年もファンをうならせる快投を見せてくれるに違いない。


関連記事
ティー打撃から深いこだわりが。オリックスの主砲・吉田正尚の工夫を凝らした打撃練習
オリックスの外野陣の練習にマシンあり?佐竹学コーチに聞く、プロとアマチュア外野手の違い
ドラフト5位でも侮れない勝俣翔貴(オリックス)の潜在能力に注目

【関連記事】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
翌年に延期した東京五輪の選手派遣はどうなる?WBCと同時開催の場合、国際大会の位置付けが試される機会に 【ニュース - 高校野球関連】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第625回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)後編「身体が小さくてもホームランは追求できる」 【2017年インタビュー】
第130回 昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也【ドラフト特集コラム】
山本 由伸(都城) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
今春、2次戦で準優勝!甲子園出場を目指す綾部(京都)の夏!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る