若手右腕の競争を抜け出し、一軍キャンプをつかみとった育成選手・沼田翔平(巨人)の武器とは

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.14

沼田翔平(巨人)

 昨年5年ぶりのセ・リーグ制覇の巨人。戸郷 翔征をはじめとした有望な速球派右腕が揃っている。

 そんな中、一軍沖縄キャンプの切符をつかんだのが育成選手の沼田 翔平旭川大高出身)だった。旭川大高時代は最後の夏に甲子園出場。上半身と下半身のバランスが取れた投球フォームから140キロ前半の速球、切れのあるスライダー、カーブを投じる好投手だった。まだまだ発展途上だったが、フォーム技術が素晴らしく、しっかりと肉付けができれば大化けも可能な逸材だった。

 昨季は三軍で好投を続け、二軍ではわずか3試合だが、9イニングを投げ、8三振を奪い、2失点に抑える好投を見せていた。

 そして今回のキャンプでは紅白戦で好投を続け、一軍首脳陣に認められ、那覇で開催される一軍キャンプ入りが決まった。数多い若手速球派右腕の中で、同期の戸郷 翔征とともに抜擢された。育成選手の沼田は、ほかの投手より優れている点を挙げれば、再現性の高い投球フォームにあるだろう。順調にいけば、実戦力の高い投手へ成長する可能性を持っているだろう。ここからアピールで、支配下選手登録に近づけることができるか注目である。

関連記事
ティー打撃から深いこだわりが。オリックスの主砲・吉田正尚の工夫を凝らした打撃練習
オリックスの外野陣の練習にマシンあり?佐竹学コーチに聞く、プロとアマチュア外野手の違い
ドラフト5位でも侮れない勝俣翔貴(オリックス)の潜在能力に注目

【関連記事】
巨人・北村拓己(星稜出身)が今季初スタメンで決勝打 星稜時代から見せてた能力の片鱗 【ニュース - 高校野球関連】
今季初先発・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)は、桑田、槙原のように高卒2年目二桁勝利なるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第267回 巨人期待のホープ・湯浅大はなぜ指名に至ったのか 元巨人編成部が語るドラフト指名秘話【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第265回 「獲得すれば、10年は間違いない」巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語る小林誠司獲得秘話【ドラフト特集コラム】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
沼田 翔平(旭川大高) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
福岡4地区の独自大会の組み合わせが決定!北九州、福岡中央地区は強豪校同士の戦いが目白押し
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る