関東一、日大三に競り勝つ!2011年以来の甲子園を目指す帝京の秋

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.03

田代 涼太

 秋季東京都大会はベスト4が出揃った。創価帝京都立城東国士舘の4校が勝ち残った。
 今回は関東一日大三と実力校を撃破し、勝ち残ってきた帝京高校のこれまでの戦歴を見ていきたい。

◆秋季東京都大会
準決勝   創価
準々決勝 2-1 日大三
3回戦 9-7 関東一
2回戦 7-0 早大学院
1回戦 15-3 法政大高

◆2019年度 秋季東京都高等学校野球大会 一次予選 第13ブロック 
C代表決定戦 7-0 聖パウロ学園

 一次予選から2回戦までの3試合を全て7点差以上つけて勝利してきた帝京。3回戦では夏の甲子園ベスト8の関東一と対戦。これまでの3試合で合計29得点の攻撃力は健在で関東一の投手陣から7回で9得点を挙げる攻撃力を見せる。
 8回、9回で3点を返し食い下がる関東一を振り切り、甲子園ベスト8を撃破すると、続く準々決勝日大三戦では、これまでの戦いとは一転してロースコアの投手戦の試合展開になるが、田代 涼太柳沼 勇輝の継投で強力日大三打線を1失点に抑えるなど、ハイスコアの打撃戦にもロースコアの投手戦にも強い底力を見せてきた。この経験はこれからの試合に向け、財産となるだろう。

 5試合で40得点の攻撃陣の中心となるのは5番・小松 涼馬か。関東一との3回戦では3打数3安打6打点の活躍を見せたように、ここ一番で大爆発できる勝負強さは実に頼もしい。次の準決勝創価との試合でも勝負強い打撃に期待したい。

 投手陣の軸になるのは背番号10ながらエース的役割を果たす田代 涼太だ。ノーワインドアップから始動し、右足をゆったりと上げていき、軸足にしっかりと体重を乗せて、勢いよく踏み込んで、スリークォーター気味に腕を振っていく。常時130キロ~136キロの直球に加え、120キロ前半のスライダー、120キロ前半のツーシームはチェンジアップのように変化することもあれば、スクリュー気味に変化もする高度な変化球を武器とする。日大三との試合でも相手に的を絞らせない見事な投球を披露した。

 帝京は2011年夏以来甲子園から遠ざかっている。現役の選手たちの中に甲子園を経験したことのある選手はいない。春の甲子園に向けあと2つ何が何でも勝ち取りたいところだ。

【関連記事】
第9回 国士舘高等学校(東京地区代表)「エース・中西健登の好投を軸に試合を重ねながら戦力を整備し、安定したチームに」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
国士舘、2年連続7回目の優勝!決勝戦を徹底レポート【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
国士舘が2年連続優勝!中西が強打・帝京を2安打完封!【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
第96回 絶対に諦めない戦闘集団へ変貌した帝京!復活へのプロセスを探る【高校野球コラム】
第243回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 優勝を狙える戦力を揃えた帝京【ドラフト特集コラム】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
第784回 長く野球に携われる選手に!研究熱心で高い向上心を持つ清水昇(国学院大)【後編】 【2018年インタビュー】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
マニア限定!野球好き集まれ!【BASEBALL FAN(ベースボールファン)】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る