清水大成(履正社)が効率的な投球で高岡商打線を封じる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.17

清水大成(履正社)

大会11日目、履正社vs高岡商の一戦。履正社清水 大成が丁寧なピッチングを見せ、高岡商打線を2点に抑えている。

 ワインドアップからゆったりとモーションに入り、投げ込む左オーバーから投げ込む直球は常時135キロ前後。この2試合続けて計測していた140キロ台のストレートは1球もない。ただこれまでと違って力みが取れた投球で、低めに集めながら、打たせて取っていく。

 それは球数にも表れている。これまでは6回ぐらいで90球~100球に到達するような力みなくりの投球だったが、高岡商戦では5回まで66球と1イニングあたり13.2球ペースと効率的な投球だ。

 3年前、寺島 成輝(東京ヤクルト)など擁しても果たせなかったベスト8の壁を破ることができるか。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
1本塁打2安打3打点の阪神2位の井上広大の活躍の背景にあった打ち損じしない技術の高さ 【ニュース - 高校野球関連】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第4回 時代の流れの中でも未だ衰えることなく健在の富山商vs高岡商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
高岡商 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
私学優位の風潮を切り裂き「ナンバーワン」になる!香椎(福岡)の挑戦が始まる
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る