智辯和歌山が逆転勝ち、敦賀気比は19得点で打線爆発!【第101回選手権大会トーナメント表】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.13

第101回 全国高等学校野球選手権大会  トーナメント表

■8月6日~
第101回全国高等学校野球選手権大会


 8月13日、第101回全国高等学校野球選手権大会8日目は2回戦4試合が行われた。

 第1試合の履正社vs津田学園は、1対0の履正社リードで迎えた3回に6番・野口 海音から1番・桃谷 惟吹までつながる猛攻で5得点と試合の主導権を握った。守備ではエース・清水 大成が9回を1人で投げきり完投勝利。津田学園のエース・前 佑囲斗は3回3分の1を投げて6失点と勢いを止めることが出来ず、2回戦で姿を消した。

 第2試合の星稜立命館宇治は序盤から星稜が点数を重ね、6回表の時点で5対0とリードしていた。しかし星稜先発・荻原 吟哉に代わって6回からマウンドに上がった2番手・寺西 成騎が2点を失うなどピンチを招きエース・奥川 恭伸が登板。その奥川は最速154キロをマークするなど2回3分の1を投げて降板。最後は寺沢 孝多が抑えて星稜がベスト16に入った。

 3試合目の智辯和歌山明徳義塾の名門対決は5回に明徳義塾が3番・鈴木 大照のタイムリー。明徳義塾リードで前半折り返す。智辯和歌山は6回からエース・池田 陽佑をマウンドに送り守備からリズムを作ると、7回に1番・黒川 史陽のタイムリーで追いつく。するとここから勢いに乗り、細川 凌平根来 塁東妻 純平の本塁打で勝ち越して見事勝利した。

 4試合目の敦賀気比國學院久我山は序盤から敦賀気比打線が爆発。3対2の敦賀気比リードで迎えた2回、3番・杉田 翔太郎、4番・木下 元秀の連続タイムリーなどで3点を加える。敦賀気比はその後も点数を重ね、19対3で勝利。3番・杉田は史上6人目のサイクル安打を達成した。國學院久我山は最終回に1点を返すも、追いつくことはできなかった。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
第1023回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
勝てば初優勝に王手!奇しくも隣同士の対決を制するのはどの2校? 【ニュース - コラム】
第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!【大会展望・総括コラム】
エースの球数から見る明石商、中京学院大中京、星稜、履正社の投手運用 【ニュース - 高校野球関連】
第54回 「魔の6回」前線移動中?【101回大会特集】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第52回 新星スラッガー・今井秀輔(星稜)が誕生!今井の覚醒はここから始まる【101回大会特集】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第45回 記録にも記憶にも残る奥川恭伸のピッチング。奥川は伝説の投手になった【101回大会特集】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1023回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1024回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1024回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1025回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
國學院久我山 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
愛知もベスト16が出揃う!愛知私学4強の残りは中京大中京のみの激戦に!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る