タイトル争い繰り広げる高橋周平、柳裕也は県準々決勝で涙 中日主力選手の高校最後の夏を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.12

東海大甲府時代の高橋周平

中日ドラゴンズ主力選手の高校最後の夏は?【ヒーローの高校最後の夏】

 今季は上位から少し離されBクラスに沈む中日ドラゴンズだが、若くしてショートに定着した京田 陽太、首位打者争いを繰り広げる高橋 周平、先発ローテーションに定着した柳 裕也ら、若手の活躍が光る。彼らの高校最後の夏を振り返りたい。

【3名の高校最後の夏】

▼京田陽太(青森山田・2012年)
青森大会
2回戦 11対0 南部工
3回戦 6対8 光星学院

▼高橋周平(東海大甲府・2011年)
山梨大会
2回戦 3対1 富士学苑
3回戦 13対0 北杜
準々決勝 4対5 山梨学院

▼柳裕也(横浜・2012年)
神奈川大会
2回戦 8対0 上矢部
3回戦 9対0 有馬
4回戦 7対0 大和南
5回戦 12対2 日大高
準々決勝 3対4 桐光学園

 ルーキーイヤーから遊撃の定位置を奪い、新人王にも輝いた京田。今季も華やかな守備でいくつものファインプレイを披露しているが、高校時代いは青森大会3回戦で涙を飲んだ。初戦こそ快勝したものの、3回戦でいきなり北條 史也田村 龍弘らを擁する光星学院と当たり、姿を消した。

 甲子園未出場ながら、世代屈指のスラッガーとして話題になっていた高橋。3番遊撃で出場し、3試合で打率5割と輝きを見せたが、山梨学院との接戦に敗れ、ベスト8で敗退した。

 2年春から3季連続甲子園出場。3年春選抜でベスト8に進出していた柳。神奈川大会2連覇をかけて臨んだ3年の夏だったが、準々決勝で桐光学園と対戦。2年連続で1学年下の松井 裕樹と投げ合ったが、惜しくも敗れ、高校最後の夏は聖地のマウンドに立つことはなかった。

【応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

関連記事はこちらから
「守備を磨いたのは強打・光星学院に対抗するため」京田陽太(日本大学)
「遠かった甲子園、そしてヒーローの残像」高橋周平(東海大甲府)
「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」柳 裕也投手(横浜-明治大)【前編】
柳 裕也投手(横浜-明治大)「勝ちきれる投手になるには怪我に強くなること」柳 裕也投手(横浜-明治大)【後編】

 
【関連記事】
ドラフト戦線へ滑り込み!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀に注目! 【ニュース - コラム】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
この夏光った9人!高校野球ドットコムが選ぶベストナインを発表! 【ニュース - コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】

コメントを投稿する

前の記事:
鹿児島大会も佳境!神村学園、国分中央がベスト4へ!2試合を徹底レポート!【鹿児島大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る