第101回全国高校野球選手権神奈川大会も、いよいよクライマックスを迎える。今年は東海大相模日大藤沢の対戦となった。

 優勝候補筆頭と呼ばれる中で勝ち上がってきた東海大相模は、投打共にタレントが揃っており、ここまでも優勝候補の名に恥じない戦いを見せてきた。
 準々決勝では山村 崇嘉、準決勝では西川 僚祐鵜沼 魁斗に本塁打が飛び出すなど打線も好調を維持している。その破壊力に、チームカラーとも言える攻めの機動力も絡め、積極的な試合運びを見せたいところだ。

 対する日大藤沢は、エース左腕の武富 陸が獅子奮迅の活躍を見せている。常時130キロ台後半、勝負どころでは140キロ台中盤の速球を投げ込み、キレも抜群だ。
 打線も核弾頭の牧原 巧汰が、今大会3本塁打を放つなど、軸となるべき選手がここまでチームを引っ張っている。個々の能力では東海大相模には劣るが、先手先手の攻撃で試合の主導権を握っていきたい。

 勝負のポイントになるのは、日大藤沢のエース・武冨の出来だろう。27日の準決勝で完投勝利を挙げた武冨は、明日登板すれば連投になる。疲労が残る中で、どこまで強打の東海大相模打線と対峙できるか気になるところだ。

 そしてもし、武冨が普段通りの通りの投球ができるのであれば、勝負は後半までもつれるだろう。
 巨大戦艦を前に、武冨がどんな投球を見せるのか注目していきたい。

文・栗崎 祐太朗