News

楽天ドラ1ルーキーが二軍で防御率0点台! チームの起爆剤に!

2024.04.30


桐蔭横浜大時代の古謝 樹

2軍戦が開幕して1カ月以上が経過した。1軍が開幕する前はベテラン選手や開幕ローテーションの調整なども多くあったが、すでに落ち着いてきた感がある。今回は楽天の有望選手を確認しておきたい。

楽天は29日終了時点で11勝13敗と借金2の4位。投打ともに、選手が本来の力を出せないまま開幕から1カ月が過ぎた。まずは勝率を5割にして浮上していきたいところだが、ファームで結果を残している選手はいる。

古謝 樹投手(湘南学院→桐蔭横浜大→2023年1位)
6試合(42回) 3勝0敗 防御率0.86

ドラフト1位ルーキーの古謝が、6試合で、3勝0敗、防御率0.86と順調な滑り出しを見せた。登板6試合中5試合でQS、4試合でHQS(7回以上自責点2以下)と安定。さらに、ここ3試合は7回以上を投げ、自責0と圧巻の成績を残している。与四球は15とやや多く、制球面での課題が克服できれば、1軍初登板の機会はすぐに訪れそうだ。

辛島 航投手(飯塚高→2008年6位)
4試合(22回) 1勝2敗 防御率1.64

ルーキーが頑張っている一方で、ベテランの辛島も4試合を投げ、奪三振は14個と多くないが、打たせて取るピッチングで防御率1.64と結果を残している。今年10月に34歳となる辛島は、ここまで1軍登板はない。しかし、1軍の先発投手陣が有事の際には、すぐに昇格できる準備はできている。

安田 悠馬捕手(須磨翔風→愛知大→2021年2位)
27試合 打率.282(85打数24安打) 3本塁打 16打点

野手では、「打てる捕手」候補の安田が、ここまで27試合で打率.282、3本塁打、16打点と結果を残している。4月22日の西武戦では1試合5安打のかため打ち。翌23日もマルチ安打を放った。ここ3試合連続安打中と好調を維持している。

長打力を期待され、大卒2年目の昨シーズンは1軍で3本塁打をはなったものの、今年はここまで1軍出場はない。現在、1軍では高卒8年目の石原 彪捕手(京都翔英出身)がブレークしつつあるが、安田もレギュラー争いに加わるためにも、さらに安打、そして本塁打を積み重ねたい。

※数字は2024年4月29日終了時点

<関連記事はこちら>
◆首位快走のソフトバンク 準備万端、二軍で爪を研ぐ3選手!
◆日本ハムドラ1・細野晴希が最速153キロ・無失点で二軍デビュー!現代プロ野球の希少種「パワー型サウスポー」台頭なるか!?
◆【開幕1ヵ月 注目の二軍選手】ヤクルトは高卒ルーキー捕手が3割超え! 移籍2年目ユーティリティプレーヤーも打撃好調!
◆【一覧】セ・リーグ ルーキー成績
◆プロ野球 開幕から活躍を続ける「5人のルーキー投手」の“今後”はどうなる!? 元プロが診断するスゴさと課題

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.18

【長崎】長崎西、島原中央などが初戦を突破<NHK杯地区予選>

2024.05.17

【春季関東大会注目野手一覧】超高校級のショートトリオ、健大高崎の強肩捕手など24人の逸材野手をピックアップ!

2024.05.17

【関東大会注目チーム紹介】13年ぶりの春季埼玉王者・花咲徳栄打線は超強力!ドラフト上位候補スラッガー・石塚を中心に県大会58得点!

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.17

【関東大会注目チーム紹介】選抜ベスト4の中央学院は投打ともに役者揃い!夏につながる試合ができるか?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?