喜多亮太(前セガサミー)が侍ジャパンU-23代表初の独立リーグ入り!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.11

高校時代の喜多亮太

 2月9日、独立リーグ・ルートインBCリーグと四国ILplusは合同でトライアウトを開催。両リーグ併せてドラフト指名・特別合格を合わせて22名が独立リーグの世界に進む。

 その中で気になった合格選手を紹介するシリーズ。最終回は石川ミリオンスターズの喜多 亮太選手だ。高校時代から強肩強打の捕手として活躍。2013年の選抜では準々決勝の聖光学院戦で本塁打を放った選手だ。さらなるレベルアップを求め、セガサミーに入社。一歩ずつ実力を伸ばしていき、昨年の都市対抗ではJR東海戦では本塁打を放っており、第2回 WBSC U-23ワールドカップにも出場し、NPBのホープたちとともに世界でプレーした

 そしてドラフトで指名を待ったものの、指名漏れに終わり、セガサミー野球部を退部した。数多い侍ジャパンのカテゴリーの中で、U-23orU-21世代というのは、NPBのホープ、大学、社会人の選りすぐりの選手を選出した特別なカテゴリーだ。侍ジャパンを経験するアンダー世代の中でもエリートといっていい選手が最後のチャンスを求めて独立リーグに進むというのは、ある意味、独立リーグがNPBへ進む登竜門として認められたといっていい。

 また社会人で活躍する捕手では川端晃希(JFE東日本)も徳島インディゴソックス入りを決めた。彼も徳島インディゴソックス入りのきっかけとして、昨年まで在籍していた谷田 成吾に進められ、徳島入りに至った経緯がある。

 ちなみにトップリーグ以外の侍ジャパンを経験した選手で独立リーグでプレーしているのは徳島インディゴソックス・岸 潤一郎明徳義塾出身)がいるが、この3人の活躍は強豪チームでNPBを目指す選手に影響を与えるかもしれない。ぜひ活躍することを期待したい。

【関連記事】
敦賀気比や侍ジャパンU-18で活躍した篠原 涼(筑波大)が代表候補合宿で猛アピール! 【ニュース - その他】
いよいよ大学ラストイヤー!2015年甲子園を沸かせた5選手の高校時代をプレイバック!!【今日のコム注】 【ニュース - 高校野球関連】
第44回 若狭(福井)「昨夏は決勝戦で敗退。あと一歩を乗り越え聖地に飛び込めるチームに!」【冬が僕らを強くする2019】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
木更津総合vs敦賀気比【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第751回 【6日目見所】木更津総合、日大三、敦賀気比の名門校が続々登場!【大会展望・総括コラム】
第9回 敦賀気比高等学校(福井)【3年ぶり8回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第627回 寺岡 寛治投手(石川ミリオンスターズー楽天)「出会い」に感謝し、東北で羽ばたく豪腕へ【後編】 【2017年インタビュー】
第626回 寺岡 寛治投手(石川ミリオンスターズー楽天)5年の沈黙経て、再び動いた「投手」の時計【前編】 【2017年インタビュー】
第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】 【2016年インタビュー】
第447回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「自分が持っているパワーを最大限伝えることができるか?」【前編】 【2016年インタビュー】
第434回 敦賀気比高等学校 林中勇輝選手 「大舞台ほど強くなる理由」  【2016年インタビュー】
敦賀気比vs北越【2016年春の大会 第134回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs敦賀気比【2016年春の大会 第134回北信越地区高等学校野球大会】
海星vs敦賀気比【第88回選抜高等学校野球大会】
喜多 亮太(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第1回から第100回まで地方大会皆勤!文武両道・西京高校(京都)
次の記事:
悔しさをバネに!挑戦者の気持ちで挑み続ける熊本国府(熊本)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る